2014年08月17日

お盆のお参りはご先祖の回向にあります。

お盆の時季、今日17日は、夏の高温や台風などが通り過ぎた日となり、早速お墓へ向かう。

私は、毎年お墓参りは、この時期まで生えたお墓周りの雑草の掃除に行きます。



墓地の人は、散見するほどで賑わいがないが、今年は、珍しいことがありました。



これまで毎年三回の墓掃除をして来ましたが、これまで一度もお見受けしていない、

対面に墓を持つご夫婦が参詣に来たのです。



その方のお墓の綺麗で、既に掃除は前日に終わったと言います。



今日はお花を持ってのお参りと言うことでしたが、お線香を忘れていました。

そのまま帰ろうとしましたので、呼び止めて、お線香を差し上げました。



お線香に火を灯し、お礼のみで帰られましたが、少し、人のお役に立つたことが嬉しい日でした。



雨上がりで、雑草も昨年よりは手間が少なく、1時間ほどで終わり、お経をし、帰路につきまし

たが、毎年感ずることですが、御彼岸とお盆のお墓参りは、一般では、お墓を奇麗にして

ご先祖の霊にご挨拶をするのが「習わし」となっています。



本来は「習わし」ではなく、ご先祖を回向して供養する日なのですが、現在の檀家は、お寺又は家で、

僧侶を呼んで、お金を払って、住職任せ、他人僧任せの委託供養となってしまいました。



なお、この様な霊園でのお墓参りは、伝統的仏教文化の継承で、仏教の供養とはならないのです。


毎年の事ですが、善男善女のこれら真摯の行為に頭が下がりますが、しかし、折角のお墓参りも、

供養のお参りとならないことを思うと、本当にやるせない思いに駆られます。



仏教は、本人が成仏し、先祖を成仏させる教えなのですが、現在のお寺僧は、殆どが生活のための

職業で、真の本化仏教で、人々の成仏を説く僧がいないことは、本当に悲しいことです。



ご回向とは、自分が積んだ功徳を、ご先祖に回し向け、成仏を願う行為を言うのです。






posted by 猪僧老 at 19:22| 東京 ☁| お墓参り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

80歳誕生日終活の1日

811日の今日は、私の数え80歳の誕生日です。


昨晩は、日曜NHK韓国ドラマ「太陽を抱く月」で、陰謀から死に至らしめられた王女と

それを嘆き悲しむ王子に涙し、また、自衛隊幹部候補生学校の幹部候補者に対し、集団的自衛権に

対する考え方の取材を拝聴しました。


政治の、隣国との緊張関係が高まる防衛政策の中で、次のような言葉が聞かれました。


大いなる精神は静かに忍耐すること。

国民の役に立つこと。

最も強い力を持つものは、最も謙虚でなくてはならない。

他国の異文化に対しても、その地元の文化と生活にその目線を持つ。

自衛隊への信頼関係と、理解、共存を高めること。

任務と命の重要性に対処すること。


などが、自衛隊幹部、教官や若い幹部候補生の口から聞かされ、改めて戦後の自衛隊教育と

その精神の健全性に感じ入りました。


そして特に、「戦後701発の弾丸を撃つことも無く、1発の弾丸を撃たせることも無かった」

ことを、自衛隊の誇りとしている。と結んでいることです。


そして、各幹部は、平和憲法と、集団的自衛権下の、国民に対する義務と責任の重みを確りと

噛み締めているようでした。


私は、仏教徒で当然に護憲派ですが、これを聞いて、阿部内閣の集団的自衛権の行使と、

現場の現自衛隊幹部との平和の保持理念に、質的際を感じています。


物心付いてのこの70年は、波乱万丈の人生で、十分に長く生きたと感じますが、丁度、日本の

男子長寿の平均年齢と言うことで、何とも微妙な感じです。


しかし、何と有り難いことでありましょうか。


昨日までは、今年最高の勢力と言われた台風11号はその猛威を振るいながら、日本の沖縄から

北海道までを縦断して去り、今日は一転して、35℃の猛暑晴天となりました。


テレビでは、恒例の夏の高校野球の甲子園入場式典が今日開催されました。


さて、この1年を振り返りますと、生涯で経済的には1万円の食費の最低の生活ですが、

精神的には、左程落ち込むことは無く、信仰、ブログ、ネットビジネス、仲間とのテニスなどで、

日々を有効に生活しています。


ただ、この年を迎えて特に気になることは、私の使命と考える「真の仏教の普及」と、

病気の妻の治癒です。


今日も変わることなく、6時半起床の24時就眠の生活の、分刻みの諸事を楽しみ、可能な限り、

自分が目標とする課題や責務に努めて、人生終活の1ページを作りたいと考えます。



posted by 猪僧老 at 10:49| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

シャンソン歌手フランスのイベット・ジロウ氏の死去

日本のお馴染みの歌手の、シャンソン歌手イベット・ジロウ氏が、フランス北東部

ストラスブールの自宅で、97歳の老衰のため3日死去されたニュースが入りました。


イベット・ジロウ氏は、55年に初来日以来90年まで毎年来日し、来日中は、コンサートや

老人ホームの慰問などを続けて、94年には、勲四等宝冠章を受章しています。


謹んで哀悼の意を捧げます。


私も何度か彼の低音の魅力ある歌声を聞いたことがあり、その懐かしさを感じます。

97才のご逝去は、きっとご自分の人生を満喫された満足なものであったと思います。


私も高齢の終活の身で、人の死について都度その生き方を教えられていますが、

なかなか思う生活基盤が作れずに、焦りを感じます。


終活は、臨終まで続くわけで、この内容を吟味しながらの人生を逆に楽しみにしたいと、

最近は考えて、程々を尺度に過すことにしています。



posted by 猪僧老 at 11:07| 東京 ☁| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする