2015年03月28日

お彼岸の法要はお題目

お彼岸の墓参りで行うご先祖の法要は、ご自身による簡易なお題目が正行です。


今年も彼岸となり、22日の晴れの日を選んで、世俗通りお墓に行ってきました。

多くの善男男女がご自分の丘を掃除して、供養を上げ墓参りをしていました。


墓石は見渡す限り日本の簡略五輪塔型の和型墓石の仏教様式ですから、仏教徒と言え

そうですが、大半は、彼岸時特有の慣習的行動のようです。


昔は、お墓の菩提寺のお坊さんに、ご先祖の法要として、回向の読経をしてもらう

のが普通でしたので、お坊さんの姿がちらほら見えたのですが、昨今は全くその姿を見た

ことがありません。


それは、これほどの墓があり、信心深い人がいながら、特定の宗教や信仰を持って

いないのが日本人と感じました。


即ち、御自分は、ご先祖を敬う姿勢を見せてはいますが、仏教で言いますと、

ご先祖の回向になっていない無意味な「お墓参り」をしているのです。


さて、私はどうしたかと言いますと、暮れから放っておいたお墓の掃除をしに行った

のですが、雑草は大した伸びてもいないのに、予想に反して2時間を消費し、歳でも

あり大変疲れました。


漸く終わって、本化仏教の正しい修行の「お題目を合掌口唱」し、先祖霊の回向を

して帰ってきました。


多くの人が、ご自分で簡素に、世に最尊の「本化仏教」の回向より、確かで満足のある、

ご先祖の法要を行う世になって欲しいものです。




続きを読む
posted by 猪僧老 at 09:49| 東京 ☀| お彼岸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

心に響いた一言「見栄を張るより胸を張れ」

「お節句の日」普通であれば、お人形を飾り祝杯の一つも挙げている日に、88歳の友人の母の
告別式に参列した。

天気予報は深夜からの雨と報じていたが、式場に行く途中から小雨の降る何とも気の重くなる
感があったが、式場では、その母の臨終の様子をお聞きして、誠に感心の逝去でした。

その母は、逝去の1日前に何時ものデーサービスに通い、夕方に帰ってきて、何時ものように
横になったと言います。

デーサービスでは、好きな童謡を皆で合唱しての帰宅でした。

夕食になって起こしたのですが、これも最近長寝する傾向があるので、声はかけたが寝かせて置く
ことにして、朝になっても起きてこないので、呼びに行くと、他界していたと言うのです。

デーサービスから朝までの約半日間で、眠ったまま永遠の眠りに就いたのです。

これこそが、枯れたし全体の死の姿であり、その死相は真に素晴らしいものでした。

友人の母は、戦時中に、10人姉兄の次女で、父の戦死で女手一つで姉兄の世話を一手に引き受けて
生活していたと言います。

そしてある日、弟が友人の家に冷蔵庫が入ったのを見て、羨ましがり、家にも冷蔵庫が欲しいと話し
たところ、その母は、「見栄を張るより胸を張れ」とその弟を諭したそうです。

「お節句の日」普通であれば、お人形を飾り祝杯の一つも挙げている日に、88歳の友人の母の
告別式に参列した。

天気予報は深夜からの雨と報じていたが、式場に行く途中から小雨の降る何とも気の重くなる
感があったが、式場では、その母の臨終の様子をお聞きして、誠に感心の逝去でした。

その母は、逝去の1日前に何時ものデーサービスに通い、夕方に帰ってきて、何時ものように
横になったと言います。

デーサービスでは、好きな童謡を皆で合唱しての帰宅でした。

夕食になって起こしたのですが、これも最近長寝する傾向があるので、声はかけたが寝かせて置く
ことにして、朝になっても起きてこないので、呼びに行くと、他界していたと言うのです。

デーサービスから朝までの約半日間で、眠ったまま永遠の眠りに就いたのです。

これこそが、枯れたし全体の死の姿であり、その死相は真に素晴らしいものでした。

友人の母は、戦時中に、10人姉兄の次女で、父の戦死で女手一つで姉兄の世話を一手に引き受けて
生活していたと言います。

そしてある日、弟が友人の家に冷蔵庫が入ったのを見て、羨ましがり、家にも冷蔵庫が欲しいと話し
たところ、その母は、「見栄を張るより胸を張れ」とその弟を諭したそうです。

母は、幼少から父から受け継いだ法華経の信者で、若くして確りとして信仰心をもって家事の切り回し
をして、多くの兄弟を助けてきた人で、この言葉は、単に言葉の問題ではなく、そのままの心を伝えた
もので、「足るを知り」、他の贅沢には全く動じない心の持ち主であったと推測されます。

法華経には、「その人の成仏はその死相に現れる」と教えがありますが、胸を張ってその生涯を閉じた
その美しい死相は、未だ目に焼き付いています。

私も戦中生まれで、この「見栄を張るより胸を張れ」の言葉は知っていましたが、昨今は忘れていました。
久々に、葬儀の謝辞に、友人の母の紹介でこの言葉を聞き、今の日本が忘れている生活の精神的姿勢の
在り方を諭された感で、心地良い帰路となりました。



続きを読む
posted by 猪僧老 at 19:29| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする