2015年07月15日

あなたはお墓やお葬式をどうしますか?

昨夜真相ニュースの「お墓やお葬式をあなたならどうしますか」が目にとまり、昨今の状況とこの

分野の識者や専門家はどのような話をするか、仏教信徒として興味があり視聴しました。


招かれた専門家の1人は、葬儀ビジネス研究所の方、他の1人は、宗教家であり葬儀評論家でした。


お話の内容に、最近の葬式のキーワードは「家族葬」で、そして、火葬だけの「直葬」が増えて

きていると言うことですが、評論家は葬式はしないの「O葬」を述べていました。


葬儀費用は全国平均で、188.9万円(内、式典122.2万、お供養33.9万、僧謝礼44.6)でした。


そのキーワードの背景には、葬儀費用、親族のみで落ち着きのある葬式、家族の絆が薄い、

親族や家族が少ない、死人(びと)に葬式する意味が無いこと、などがあげられて、そこで

「葬式は誰のためのものか」で、「本人」のためか、「死びと」を送る側のためのものか、が問われましたが、

その遺族の側に、儀式の重きがあるのではないか、と話がありました。


お墓についても、前記と同様の背景から、子供や遺族が、先祖の墓守を避ける人たちも増え

ていて、無縁墓地に納骨される件数も増加していると言います。


この番組の要旨は、葬式は残された方の死人を送る儀式で、面々と継承されてきた葬儀の文化で

あること、また、評論家は、「死んだら物」の考え方から、「O葬」で良いと話しています。


私は、日本の識者や宗教家と称する人もここまでなのか。の感をぬぐえません。


この番組の中身は、経済性や面倒さ、迷惑などの回避が前面となり、「人の命」の尊さは、

「死びと」には無いとしての論議で、宗教的な深みが論議されず、まさに、「末法」と言われる

無宗教現代の「葬式ビジネス」と「自己都合主義」の世情が語られたものでした。


宗教評論家の生物学の「唯物論的命」と仏教の「輪廻の命(仏性)」にも触れませんでしたし、

「仏」にも「成仏」にも、葬式の「現世と来世」の意義にも触れませんでした。これでは、

唯のお別れ会で、「葬儀」ではありません。


そこで貴方にお尋ねします。


貴方は何処から来て」「貴方は誰ですか」「何処に向かうのでしょうか」

人は死んだら無条件で、「成仏しますか」、そもそも「仏」とはなんですか。


人は有史以来、何億年もの間、多くの賢者や学者がこの答えを探し求め築き上げた、その哲学英知の

集大成、即ちその「解」が「宗教」です。


単身高齢弱者が増加する中、これらの問題は、生前に話し合うことが重要であり、迷惑はかかるもの

と割り切ることが大切です。


死ぬ準備は、終活の大目標です。


成仏の宗教




posted by 猪僧老 at 11:06| 東京 ☁| 終活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする