2015年08月16日

「平和」を望む資格

8月に入ると恒例の「原爆の日」や「終戦記念日」など、戦争の惨事を思い起こす行事が
広島や長崎で行われますが、この日は、「二度と戦争を起こしてはならない」とする戦争
犠牲者300万人と、その原爆被害者約20万人の声を繋いで行くものとなっています。

日本国憲法はこの理念をうたったもので、国民の「平和」への拠り所となってきましたが、
政府は理念だけでは、現実的な戦争や国際紛争を避ける事が出来ないとして、憲法改正
や、集団的自衛権容認の政策を打ち出し、「戦争をしない」から「戦争を回避する」方策に変更
しました。

「戦争を避ける」政策には、万一には「戦争をする」が含まれており、この懸念が国民を
二分する論議となっています。

この論議は、「戦争をしない」は一貫した強い信念が必要であり、「戦争を回避する」は、
信念を曲げた、戦争への道を開く防衛手段で、この間には、今後の外交政策にも可也の
差異が生じます。

即ち、日本は戦争はしない国から、他の国同様戦争もする国に変化したことです。

戦争を起こすには理屈も手段も不必要で、その正邪もありません。
戦争の正義は勝つことしかなく、それしか国の生存もありません。

一度、戦争や紛争が勃発すれば、国民の命も生活も容赦なく犠牲となります。

人類の出現以来、人類には「平和」は「武力の覇権」であり、金権主義が社会をまかり通る
と同じことです。

日本は、高い平和の理念を世界に掲げて、その国民の一貫した行動で世界の信頼を集め、
世界を味方とするムーブメントを創り上げる活動が最も重要な平和戦略とならなければ
ならないのです。

若い世代が、その様なムーブメントを起こして、戦後の70年の米国依存の安寧から、国際的
平和のリーダ格となる努力を重ねて、平和推進外交を質的に変えて、誇りある日本の一貫した
世界平和推進外交を実現して欲しいと切望する日々です。


続きを読む
posted by 猪僧老 at 17:01| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

傘寿の日

傘寿の朝、0時に就寝し6時起床で何時もと変わらぬ日を迎えましたが、何か節目を感じるもので、
今日の一日の平穏を祈っていました。

猛暑の最中の中、台風が関東沖を北東に遠ざかっていて、曇りで少し風がある過ごし易い感じがします。

起床後、メールを確認するのが日課で、相変わらずの数百のメールを処理しなくてはなりませんが、
今日は久しぶりに、この日の思い出にと、このブログを書くことにしました。

今年を振り返りますと、福島原発の後処理問題と九電の薩摩川内(せんだい)の再稼働、改憲と集団的
自衛権、シラクの人質殺害事件、消費増税、年金と医療費の見直し、円安と物価高、TTPの最終調整、
非正規社員の拡大、待機児童施設、未婚男女の拡大、人工授精、産業の環境経済格差、少子高齢の
拡大、若年者の自殺や高齢者の孤独死の増加、若年者の無差別殺傷、精神病の増加、辺野古米軍
基地の反対、などなど、個人問題はもとより、国の基盤に絡む問題が山積していて、明るい日本の将来像
が見えていません。

ただ昨今、相撲、柔道、バレー、ジャンプスキー、水泳、サッカー、短距離、などで、世界的な台頭を見せる
アスリートが出てきており、その最近の注目は、テニスの錦織のシティー・オープンの優勝で、世界ランク
4位になったことです。

錦織のスアー優勝は、これで10勝目で、今までの最多伊達公子(クルム伊達)の9勝を上回る快挙です。

傘寿の今日、これらの世界に今で元気に生きられていることを素直に感謝し、未だに未達の諸終活テーマ
の中で、最難関の、「正しい仏教」の復興に努めたいと思います。

「法華経」に在ります、「人の成仏」と仏教の平等による「人類の世界平和」を実践する社会を目指すこと
が、人の生き甲斐であり、人の人生の理想と考えるからです。

「傘寿」 万歳!!





続きを読む
posted by 猪僧老 at 14:25| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする