2011年05月20日

ギリシャ神話と信仰

後期高齢の年齢で、仕事もなく家でブラブラの粗大ごみと見られがちですが、病弱な妻と同居していると、何かと多忙な毎日で、自分の纏った時間を取ることに、頭と速さが必要。

空いた時間を使い、ギリシャ神話上下巻を2度読んでみました。

神話の面白さもありますが、日本の神や仏との関係にも興味があり、ギリシャやローマの神を、その観点から察しますと、宗教の観点より、世代の人が創り上げて来たお伽噺と言えるものです。

その中に、小人の国に巨人神が訪れて小人を土産に持ち帰った話などは、ガリバー旅行記を、結婚してはいけないと神の信託を受けた王の娘美少女が、後に神の皇子と結婚し、その美しさからトロイ戦争を引き起こす運命となるなど、神話と歴史の空間の話が多くあります。

ギリシャの神の出現の由来は、人間が、大自然の諸々の脅威を神の神通力として恐れ、この現象毎の神を創って、崇めてきたものと言えます。

このことは、他の地域の世界の神とあまり変わりがない様です。

多分に、日本の神話、天照大神と素戔嗚尊(すさのうの尊)の生誕に似たところもあります。
日本の神は、日本書紀などにあります、神聖な流れを創ってきているようですが、
ギリシャ神話の内容は、歴代の人の王の短編の物語でもあるようにも思います。

今これらの話を振り返りますと、今から3000年程度前の話とも感じますので、仏教で説かれている久遠の世界とは程遠い話で、西洋の宗教とアジアの宗教の原点は、可なり異なるように感じます。

それにしましても、この神話は、楽しいロマン的な世界と、一夫多妻の世界のばかばかしいくらいの人間性を持った神々が存在して、あまり深みのない単調な物語となっています。

日本の浸透は天皇系の歴史で、仏教は真理の哲学と言えるのではないでしょうか。

posted by 猪僧老 at 16:57| Comment(0) | ギリシャ神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。