2011年11月16日

TPPは日本をダメにするのか強くするのか

野田総理が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への日本の交渉参加表明をめぐり、日米首脳会談での野田佳彦首相が、『すべての物品およびサービスを自由化交渉のテーブルに載せる』の一部発言が論議を高めている。

首脳間の発言はその国の信用を意味するもので、その言葉の意味は一国の重みで、非常に重い。
今回の発言は、双方のTPPそのものへの参加への意思と、日本の農業や医療など、国内課題の交渉姿勢での保留的意志との、総論賛成各論一部保留意向のミスマッチで生じたもので、双方の言い分には違いが無いものと思う。

しかし、各論や弱点好きな反対勢力や野党そして関係の選挙重視議員には、格好の攻め口となった。

私は、過去10年前ごろから懸念されていた、グローバル経済の大津波が、愈々この時期にやってきたわけであり、例えば農業の課題を先延ばしにし、減反と助成金で保護政策のみ政府の先見の無さによるつけが、今大被害を起こそうとしているものであり、国を上げてこの長期対策を講ずるべきと考える。

選挙目当てや今の農業や酪農情勢による目先の大問題は、国内で対処できる問題であり、近い将来、世界的食糧難が到来するであろうことや、日本の質の高い食生活の消費者は、そう簡単に揺れ動くとは考え難いことなど、そして、国民の理解のもと、今の消費レベルを守ることで、国を挙げてこの長期交渉中に、国策を進めて、この危機を乗り越えるべきであると思う。




posted by 猪僧老 at 11:09| Comment(0) | 日本の将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。