2011年12月31日

大晦日を過ごす人生師走の意味

今日で今年一年が終わる時に、この一年の今日までの行動が色々思い出されます。

大変忙しい日々であったのに、これと言った進展も無い事に、何か淋しい想いです。

さて昨日までの4日間の夜、歳を取ると涙と感性が劣ってきているなか、偶然にBSフジTVで
「北の国から」を見て、 父役の田中邦衛、息子役の吉岡秀隆と娘役の中嶋朋子の人間味溢れる
ストーリーに引き込まれ、ついに4日連続して見てしまいました。

このストーリーの父と子の心、そしてそれを後ろで支える妹娘の純粋な気持ちが伝わり、
感動と涙が こみ上げて、久々に清々しい気持ちを経験しました。

大晦日となり最後の雑用をしながら、明日の元旦に、自分に誓う言葉を考えて
越年したいと思います。

皆さん良い新年をお向かい下さい。
posted by 猪僧老 at 20:27| 大晦日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする