2012年05月22日

東京スカイツリーとムサシ

東京スカイツリーが遂に今日5月22日グランドオープンとなり、大勢の人達が入場していましたね。
午前九時半までに約五千人が並んだと言われ、予定より二十五分早い午前九時三十五分にオープンとなりました。
そもそもスカイツリーは、地上デジタル放送への移行で、都内高層ビルによる電波受信障害 を改善する目的で建設されたもので、この完成で、来年一月から地デジの電波送信が現実のものとなりますね。
しかし、そんな背景に関係なく、物見高い観光とあやかりの商売光景が話題をさらっています。
世界一の高さ、634M(ムサシ)は、その中に、350Mにある天望デッキと450Mの天望回廊の二つの展望台を持ち、天望デッキは50M刻みの3段層フロアで、中段層にレストランがあります。
そしてこの本体の他に、三百十二店舗が入った「東京ソラマチ」と呼ぶ商業施設があり、すみだ水族館、コニカ ミノルタ プラネタリウム「天空」や、それとオフィスなどの複合施設「イーストタワー」で、巨大な施設エリアを構成しています
今日はあいにくの雨となり、楽しみも半減された方もいたようですが、晴れた日には、関東平野一円75KMのパノラマ展望と天望ができる壮大さは、何と言っても魅力ですね。
雨であっても、634Mの「あやかりムサシ」の、長さ、重さ、高さに絡んだ、食事や食品、お菓子、工芸品、などのグッズの売れ行きは、好調のようでした。
世界に誇る、東京タワーの高さと、それを支える技術、そして下町として集約された文化等、日本経済文化の活力になる事でしょう。
posted by 猪僧老 at 15:25| 東京スカイツリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする