2012年08月26日

李明博・韓国大統領に叩き起こされた寝坊国日本

今年も最高の日射病被害が出たと言われて、毎年の事なので、人ごとと考える人もおり、真面目に考えても、身体の感受性が悪く、隠れ脱水症に気付かずに命を落とす人もいます。

これも世の常人の常なのか?

そんな時、事もあろうに、親日派と言われていた韓国大統領の李明博が、この暑さで
狂ったとしか言いようのない、愚行な暴挙に出た。

この行為は、国家の元首たる名誉ある者の、国際的にその品格を消滅する最低の
行為と言わざるを得ない。

この愚かな行為は、日本国民にも国際的にも話題となっているが、しかし、

この憂国の愚行で、日本国は、国際友好関係や同盟関係の絆の薄さを、思い知ら

されたと言えます。



これも又、世界交友の常でありましょう。

領土問題は、何れの国でも重大関心事ですが、何故今頃になって

日本領土の竹島が、他国の領土だと主張されるのか?



日本国民に取って、由々しき問題である。 



まして、日本領土を 
 韓国大統領の地位にあるものが、勝手に他国を侵犯した

事は、その時の国情によっては、宣戦布告に値する非常に危険な行為になります。



この事態に対して、野田首相は、国民に冷静な対応を要求していますが、

こんな有事の事態で、国民への冷静な対応とは、何を意味するのでしょうか?



冷静にとは、この竹島への侵犯行為が国際法に照らして、又は、両国の

友好関係にとってどの様に考えて行動せよと言うのでしょうか?



恐らく、そんな内容の分析や自衛の在り方よりも、国内の暴力的や過激的な激情を

抑えて、それらの行動をしてはならない、国民に動くなとの要請でありましょう。


個々に、両国の首相行動姿勢が、明確に現れていると考えます。





韓国は他国侵犯を容認。日本は、侵犯を許認?。と、国が取る態度が、

全く異なる。


この緊急事態での状況判断を、日本国民は、何を基準に自衛するべきなのか?


東北大震災で、津波警報が発せられた時、如何冷静に判断することが正しい

のでしょうか?


有事の冷静な判断とは、何を?選択すべきでしょうか? 

 

それを常識的に考えればと言う方があれば、聞かせてほしい。


今回、民間人同士の衝突が現場で生じなかったから幸いしましたが、其処で死傷問題が

発生した場合の、国の措置はどの様なものになったのか? 学習がしたい。




最近日本の韓流文化の人気に嵌ってか、韓国の行動を支持する国民もおりますし、

国民でありながら、国旗すら否定する教師、彼らにとっては、国民の自覚や義務のない、

的で理想の自由主義国家が日本であるのです。



戦後の教育は、日本の
国を愛する国民の人たる自覚と、平和ボケで自衛する義務も忘れ、

個人的自由主義で、煩わしい事は他人任せの社会を良い国として醸成している。



平和ボケ日本が続いて、領土の価値観よりもお金しか頭にない政治経済戦略の付けが

今回ってきたのであり、今回のような国土侵犯に対する法律も出来ていない国に、

国土に無関心な国民が居ても無理からぬことなのかとも考え、悲しくなる。



同盟国で友好国としてきた韓国にも、国際的に馬鹿にされる日本は、漸く
平和ボケから

目を覚まさせられたのではないか?




平和憲法を維持する日本に必要な事は、国民の日常での自衛への理念と、有事に備える

精神的覚悟と不断の国際平和構想確立への努力外交が欠かせない国なのである。




お金で、人の心を買う事が出来ない事実を、深く反省すべきである。



日本の政治も、既に、事の大事が感じられない

高齢の神経となっているのかもしれない。

今回の事件は、経済外交と平和外交のミスマッチの恐怖を感じずには居られない。



そして、日本国首相の品格は、世界平和を背負う品格の構築をし、拡大して

行かなくてはならない。と考えるのです。








  

posted by 猪僧老 at 16:38| 日本の将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする