2012年12月05日

日本の将来を決める選挙の政党の在り方

いよいよ選挙の月となりましたが、
これらを見ますと乱立する党数の色合いが大分詰まってきていますが、いまだ個々的に散乱している状況ですね。

高齢者の殆んどは、国内で解決できる福祉問題でしょうし、中堅層は、雇用と賃金の問題でしょう。

ここで各党の掲げる政策を整理してみますと、
国内で解決できる問題として、将来に負の財産の原発問題、福祉と税の一体改革での消費税問題、ここに隠れているが、平和憲法改定問題となり、経済は、グローバル化で一国での解決は不可能であり、外国とも絡むFTA・EPA・TPP問題があり、これらの4点に整理できます。

これらの点で、各党の日本の将来を展望して見ますと、各党が各論で異なり、
私には今一つ、党としての、理想の国造りの明確なビジョンと、その戦略が一致する政策が見えてきません。

今回の選挙は、各政策討論も煮詰まらないままに、立候補者個人の見解での、党利と利己的選挙で、政党が乱立していると映ります。

しかし選挙で、国政が運営される現実で、国民による理想の国造りは、難航せざるを得ない選挙になってしまいました。

多様化する国民の善良で良質な意見を、民主主義の原点に戻り、高次で適切に調整し、端的に整理統合し、
必要な説明と説得のもとに、国民のための国政とする手段から、適時に政策を実行する、国民支援の国造り選挙にしたいものです。

私はこの中で、
新党大地の北海道地域党を掲げる鈴木宗男の立候補の在り方が新鮮に映ります。

如何でしょうか?

posted by 猪僧老 at 11:56| 日本の将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする