2012年12月17日

目先に群がる群衆に日本の将来はない


領土侵犯、原発、経済、教育、福祉、など各種の国難課題を背景にした今回の選挙は、私が以前に危惧したの通りの自民党の圧勝となった。

特に憲法改正で、旧自民党では成し得なかった待望の憲法改正を実現する環境ができたわけだ。

この国民の右翼への選択責任は非常に重い。

国民は平和国の維持を、一番単純で易しい武力への力の政策を選択した。

他国の領土侵犯問題で国を二分するこの時、この侵犯を背景とする、自民党の平和憲法改正の是非を問うこの選挙で、もし、国民が拒否する姿勢を世界に示すことができたなら、本当の意味で、被爆国の日本の平和への強固な意志を、世界に示す絶好の機会となった。


それが平和憲法を真に支え護ろうとする日本国民の誇りある姿(力)となったはずだ。


ただ戦争反対の口先だけの、国民の本性を露わにしたこの選挙結果は、形は変わっても、物質文明の力に偏重した、精神文明が遅れた日本に、その将来を取り戻すための絶好の機会を、国民が自ら切り去った選択であり、「自主防衛の美語」につられた群衆の姿は、余りにも薄っぺらな、平和主義精神構造と言うしかない。

力の誇示は、力の連鎖を生む軍事力強化しかない。
北朝鮮のような国の思想論しか、今の自民党や右力思想の維新の党などに、それしか知恵がないのか。

私は何度となく、世界の列強の中で生きる戦力を持たない小国が幾つもあることし、中立国への道もあることを紹介してきましたが、国会でこれらの論議を聞いたことがない。

平和憲法を単なる紙ペラのとか考えない連中には、このような論議も紙っペラとしか見えないのだ。

高齢の身の私が、世界で唯一の日本の誇り、である平和理念を、後世に守り切れなかったことに悲痛な念を抱きながら、この世を去る無念さを、群衆心理的選択の国民に訴えたい。

posted by 猪僧老 at 11:40| 日本の将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする