2013年07月22日

自・公の大勝選挙の憂鬱

参院選の投票結果は、投票率の低さから政治圧力団体の基盤を持つ、自・公の圧勝は選挙前からの予想通りとなった。

後期高齢の私は、第一次第二次世界大戦の先進国による世界的包囲網を受けた日本の、
過去と本質的倫理的政治環境が異なる、現代の日本の非倫理的政治の歴史の分岐点が、
見えたような気がします。

正に、自・公の為政者の品格の低さと、それに群がる利権者国民の品格が明らかになった
選挙です。

隣国から領土問題で揺さぶられ狼狽し、当惑する平和ボケの国と国民が選んだのは、
強い日本の、軍の顕在を期す、腕力の国家の扉を開くことが明確になったことです。

この陰に「国の倫理」が潰され、「力の倫理」の正統性が勝利したのです。

右上がりの経済政策を、有一の正論とする内外の政治グループの失敗は、その間積上げて
修正不可の政治の負債となった今、インフレで消滅させる政策で、国民にしわ寄せをするしか
ない経済状態の苦肉の策なのでしょう。

他面で見れば、日米は、経済指向の相互依存の政治的偏りで、切り離せない金融状態を
創り上げてしまったのです。

米国の国際警察の誇りが、戦争経済に変わり、右上がりの膨大な利益で、大消費国家として
栄華してきましたが、戦争も少なくなり、戦争の正統性も薄れた現在、経済は大破綻状態に
陥り、日本の繁栄がその穴埋めをこの間に成ってきました。

この経済の共存構造は、米国の咳で日本は肺炎となる関係です。

しかし、右上がり経済は、消費の経済でもあり、地上の資源の有限から逃れることはできせん。
当然に、破たんするメカニズムです。

生産と消費と価格のバランスの世界経済の樹立が求められます。
しかし、国益や利権の構造は世界を強力に包んでおり、人類の叡智しかこの解決は出来ない
でしょう。

私は国策を、憲法や国防費に、この問題の視点を転嫁するのではなく、世界に尊敬される国造りを、
困難な政治と経済の情勢ですが、国民の忍耐と叡智を絞り、一段づつ創り上げてゆくことで、
子孫にも、世界にも誇れる日本にすべき好機と考える一人ですが、憂鬱が募ります。


posted by 猪僧老 at 17:00| 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする