2013年08月06日

広島原爆記念式典と平和記念式典

今日8月6日は、日本国民の原爆記念日であり、平和記念日であります。

この日を迎え、広島では、その式典が開催されますが、私が毎回感ずることは、被爆者の方々の無念の思いです。

佛教の地獄に、「僧怯(そうきょ)」と言う大風が在りますが、この風は、その速さと、灼熱と、悪臭を有し、風に当たったものは、瞬時に粉々なって消滅すると言う「風」です。


原爆は、正しく人工で浴びせた、地獄界の最奧地獄「無間地獄」の「僧怯」です。

これ以上の「苦しみ」は存在しない「究極の苦しみ」です。


阿部首相は、「原爆」撲滅を日本がリードすると熱弁していましたが、「原爆」と「原発」の何処が違うのでしょうか。


確かに「形」も「目的」も一見異なりますが、然しその実態は、「表」と「裏」の一体関係にあり、尚、戦後の新生日本は、原爆を「待たず」「作らず」「持ち込まず」の三原則も、今やその思想は、党内で無効の状態であり、国防軍を正統化して「力」の方向に舵を切り、更に、負の最悪の副作用を持つ「原発」を売り込む日本に舵を切っています。


そんな日本を代表する首相の「熱弁」は、何とも「裏と表」顔が見えて、平和を先導する日本の、一貫した信念の政治の、真の姿が見えません。


今日は、式典終了後に、何故か墓参りがしたくなり、お墓の掃除も兼ねて、被曝された方々に、鎮魂のお経を捧げてきました。





posted by 猪僧老 at 15:12| 原発と被爆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする