2013年08月11日

人生はマラソンで入賞すること

今朝、目覚めたのが7時前で、何時もより1時間半ほどの遅刻となった。

クーラーの性かもしれないが、身体も気だるい感じがある。

10時からのマンションの大修理工事説明会に出席して、その内容の説明を受けたが、
工事期間が、約4ヶ月と成り、その間のベランダなど共用部にある置物などの移動が
あり、厄介な気持ちに成る。

工事は本格的なもので、壁剥しやコンクリートの注入などは、可なりの騒音と成るし、
塗装のシンナーなど、薬品の臭いもきついようだ。

病気の女房は、このどちらもこたえるので、今から頭が痛い。

休みの誕生後ではあるが、何の特別感も生じないのは、高齢のせいであろうか。

高齢の良いところは、欲しいものが少なくなることで、貧乏生活も苦にならないことだ。

しかし、医療費に金が掛かるので、お金は必要と成る。

正しい仏教を広めることをミッションとしている私には、これにも多少のお金が必要で、
人間の煩悩に、この人生が悩まされることであろう。

そんな時、女子マラソンの[福士」選手が銅メダル「木崎」選手が4位入賞の
マラソン後半の「粘り」は、感動モノで、力を貰いました。

日本女子出場選手3人の中で、途中棄権の「野口」ら選手の10年ぶりの復帰も期待
されましたが、後半10位の好走が、熱中症で崩れだしますが、持ち前の精神力で、
何度も動かぬ身体を奮い立たせながらの33kまでの挑戦の、ゴールを目指す姿は、
その心のと責任感の強さに感動を貰いました。残念ですが、立派な棄権でした。

老いたる今ですが、人生ラストに、この「粘り」を続ける事の、決意の日とします。

posted by 猪僧老 at 13:54| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする