2013年08月15日

お盆のご供養はご先祖の成仏

毎年のことですが、殊に今年のこのド暑い日のお盆に、老体に鞭打ちお墓参りにあらず、

お墓の掃除に行ってきました。


遂先日の「お彼岸」に、お墓を「イケ面」にしてきましたのに、この僅かの間で、

背丈な雑草で「髭面」に変身していました。

 

ご存知のように、お盆の由来は、お釈迦様のお弟子の、親孝行の目連尊者が、

自分の母親が、六道輪廻の「餓鬼道」に落ちて苦しんでいるのを、お釈迦さま

に助けて貰い、成仏させたことが、現在では、ご先祖の地獄の釜の蓋が開いて、

娑婆に戻れたことに因んで、先祖の「霊」を迎える、又は、「霊と合える」、

「お盆・お施餓鬼」となったものです。

 

この時期お墓に行きますと、多くの善男善女が、ご先祖の供養を行っていますが、

毎年私が悲しくなりますのは、仏教本来の、ご先祖へのご供養は、先の目連の例に

ありますように、ご先祖を「成仏」させることにあります。


即ち、ご自分の「正しい信仰」による「功徳」が無くては、悲しいかな、

ご供養の「法力」は、ご先祖に届かず、単にあなたの「自己満足」となって

しまいます。


更に正しくは、ご先祖へのご供養は、あなたの「成仏」修行による「功徳」を、

ご先祖に「回向」することなのです。



posted by 猪僧老 at 17:28| お盆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする