2013年08月18日

お盆も終わりましたが

お盆は、「盂蘭盆」(うらぼん)のことですが、仏教ではなく、仙人思想の道教の影響で、
ご先祖がいる「地獄」の蓋が開き、中日に、地獄の蓋が閉まりますので、その間に
ご先祖に供物をささげて、ご先祖の「霊」を、供養する習慣です。

日本ではこの習慣が、江戸時代に強制的に行われて、今日に至ります。

仏教では、目連尊者が地獄にいる母を、お釈迦さまにお願いして、
地獄から成仏させて救いだす親孝行の話となっています。

ただ、残念なことは、お墓やお墓前リに、宗教の意味を持たないのです。

又、折角のお墓があっても、関係者、特に宗教に関係を持たない子孫が増えており、
親の供養をすることが無くなっていることです。

高齢者となりますと、実家の墓などで、納骨はできる人もあると思いますが、
それにも色々支障のある人もあり、死後の魂を「成仏」へ「回向」する信心相続もなく、
自分の「魂」の安住が、心配されるのではないでしょうか。

「末法」の現在、「本化仏教」のみに、その答えがあるのですが、自分の死後を考える
「終活」に、真に大事な課題ではないでしょうか。

posted by 猪僧老 at 17:29| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする