2014年06月22日

高齢者の正しい信仰

雨季が過ぎると毎年のことですが、お墓の雑草が気になります。


彼我とお盆の時季は、仏教継承文化のお墓参りが始まります。


私は仏教徒ですが、そのお墓参りは、人との違いがあるからです。


それを極々簡単に申しますと、


お墓参りは、仏教で言えば助行(仕事の副業)にあたるもので、
遺骨の入っている場所をこの時期に清掃するためのものです。

お参りとは回向のことですが、回向とは自分が積んだ功徳を
ご先祖の霊に差し向けて、そのことでご先祖が可能な限り早く、
成仏をさせる手助けをすることを言いますし、そのことが即功徳を
積むことですので、回向をして帰ります。


仏教の回向には、明確な決まりがあり、正しい信仰即ち修行で
なくては、回向をしても、その効力が無いと教えています。


それは、ご本人の勤めなのですが、通常の職業僧でも同じことなのです。

高齢になりますと、死の可能性が近づきますので、時に触れて
お墓やご先祖のことが気になるものです。


高齢で先の短い終活の一つに、正しい仏教によるご回向を行い、
自分とご先祖の成仏をご祈願すべきです。


仏教も諸々の歴史からゆがめられて、現在は宗教的継承文化となり、
葬式を含めて仏教行事は、形式化し形骸化してしまいました。


正しい仏教とは、日蓮聖人が唱える、本化仏教の「法華経」のことです。
形骸化された日蓮宗とは異なります。


現在は情報も豊富に入手できる時代ですので、ご自分でのご確認が
その判断の早道です。


人生の終焉である自分の死を迎えるに当たり、人生に心残りの無い、
信仰が、人生の重大事であり、ご自身の誠の勤めとなるものです。


【関連する記事】
posted by 猪僧老 at 14:40| 東京 ☔| 葬儀・信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする