2014年06月26日

長寿の日常で気になる気落ちのこと

定年となり会社社会などから離れ、特に高齢域に成りますと、徐々に人との接触も薄くなり、

家族も含め話し相手も少なくなり、単独的生活で過ごすことが多くなりますが、ここでの要注意に、

「隠れ脳血栓」があります。


昨今の生活で、うつ的お宅型の、一見やる気なし症候群が増大していますが、その中には

高齢者が可也多く見られます。


このタイプには、怠けタイプもありますが、要注意は、「やる気低下病」と言う、病気で

生ずるものがあります。


この「やる気低下病」は、次の症状が出たら要注意です。


口数か減った。

気持ちの抑揚が見られない。

好きな趣味や観賞、普通良くやっていたことをしなくなった。

計画や目標を立てなくなった。

TVなどの観賞をしなくなった。

仕事もしなくなった。

良く横になったり、寝るようになった。


などの状態が略一ヶ月程度長期にわたり継続している場合は、「やる気低下病」の

危険性が増していると考えられます。


この病は、従来から徐々に注目されていたものですが、諸々の臨床実験から、

脳の中心部左右に位置する臓器「線条体」が侵され始めている恐れのあることが

分かってきたのです。


「線条体」に栄養を送っている血管は、動脈からミクロン(1/1000mm)単位の

極細で枝分かれしている「穿通枝」から補給されていますので、この「穿通枝」の詰まりや

劣化が、「やる気低下病」の原因となります。


この「やる気低下病」の軽い症状では、前記の症状が出始めますが、これが進行

しますと、「穿通枝」が詰まり、脳血栓の引き金となりますし、破れますと、

脳溢血や脳出血となります。


故に最近では、「隠れ脳血栓」で、死者も出ていることから要注意の症状となっています。


この症状が出易い人には、50代以上、高血圧<90140mmHg です。


疾病予防方法

「やる気低下病」の起爆剤は、ラストステロンと呼ばれるホルモンですが、

このホルモンが「やる気スイッチ」です。


米国では長い間この研究が続けられ、現在では、「やる気リハビリー」療法が

行われています。


その主な考え方を、プラスビーム思考と言い、簡単な成功体験を積み上げることで、

可也の成果を挙げています。


そのプラスビーム思考の方法には、体をリズミカルに動かす、呼吸を深くする、

力を入れた強いポーズをとる、楽しいことに集中する、などなど、5~5分程度の

トレーニングから継続して行うことで、リハビリーができます。


「隠れ脳血栓」の診察方法

「やる気低下病」と気付いたときに、神経内科などの専門科を尋ね、症状を話して、

MRIでの診断が有効です。


自覚症状が感じ難い症状ですが、前記症状が見られたり気付いた時は、くれぐれも

老化現象とせずに、診察をすることが大切です。





posted by 猪僧老 at 15:54| 東京 ☁| 隠れ脳血栓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする