2014年12月28日

八十路の節目に

今年も僅か3ヶ日となりました。

高齢となって遠い昔を振り返る時に、昔は高齢となった長老が、家族の中心の位置を占めて正月を
迎えていた記憶がありますが、昨今は老夫婦のみや、正月に一時的に家族が集まると言う感じで、
長老の家長的存在の影が薄まっているようです。

私の祖父は、朝晩仏壇にお経を上げていた光景を今でも覚えていますが、私もその点は同じ生活の
一部ですが、掃除や洗濯、食事などは自分でやっています。

新年の準備で、何時は手の届かない各所の掃除や、年に一度のエアコンの掃除も終えて、ホット
一息としたい処だが、近年に始めたパソコン作業が日課の一部として定着となり、家事の合間は殆ど
その時間を過すことで生きている様なものとなっている。

その他くれは何処でも同様と思われるが、年の終わりの節目と、知人友人との忘年会や挨拶など、
そして恒例の年賀状書き、正月の買い物などなど、多忙とけじめの月となり、現役のときと同様以上
に本当に忙しい。

そして、八十路の節目も身体の節目となると言われているので、これも気にすると先の見えた余命
での終活は、家族に対し、一段と自分の在り方にその責務を感じる。

幸い、身体がまた動くので、動き放しで進めている感があるが、年の節目を意識しながら、後の終活
目標を完了するのに、可なりの日時を必要として懸念される。

現代の長老は、年金の貧乏人生で、孤軍奮闘的「足るを知る」の生き方が向いていると自分を納得し、
又の良き新年を期待している。

現代の長老は、その節目節目で家族との団欒を持つ家庭生活などの、楽しい晩年であろうか。
そんな昔のゆったりとしていた家族環境が懐かしく感ずる。




posted by 猪僧老 at 13:28| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする