2015年04月26日

高齢者に痛い「ガラケー」生産中止

高齢者の「ガラケー」愛好者には腹立たしく痛いニュースです。


それは日経新聞が24日、日本の「ガラケー」メーカーが、その生産を17年以降に中止するとの報道です。


「ガラケー」はスマホに比べて、その起動も早く、片手でのボタン操作ができ、メールも打てて、その通信料に無料枠があり、簡易に「通話とメール」を主に利用する者には、安価で、敢えてスマホで高額の通信量を支払う必要が無く、機器の破損に強く、電池の持ちが長く、ウイルス感染も無い、アドレスや画像の情報流失が少ないなど、そのメリットは大きいのです。



今後このガラケーを使用するには、「アンドロイド」アプリ搭載の、auやドコモが発表の操作に難のある見た目ガラケー風の格安スマホしかない、逃げ場のない状態です。


この格安スマホ強要の背景で、シニア層の「ガラケー」愛好者の需要で、月額使用料2000~2980円の「格安スマホ」が品切れとなり、家電業界は過熱状態にあると言われます。


電話機機能から、敢えて必要外のPCの多機能状態を盛り込み、通信料の高額化で利益拡充を目指すこの業界とそれを容認する政治は、シニア層の形態の利便性を必要とする高齢情報弱者に、その選択肢を失わせる社会悪と言うしかない金亡者です。

posted by 猪僧老 at 18:15| 東京 ☀| 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする