2016年01月25日

世相と人の輪廻(3)平和とは

一般に平和とは、「戦争と平和」の両翼の対義語となり、その戦争や内乱などで、「社会が乱れて

いない状態」を言われます。

又、「誰でもが常時「幸せ」な生活を送れること」とも言われます。


専門家は、戦争とは「目に見える具体的なもの」ですが、平和と言うのは至って「抽象的な

概念なもの」だと言うことで、その持つ意味は、どちらが世俗のコミュニケーションとし

て伝わりやすいかと言う問題に関係していると言います。


それは、戦争など争いは人の頭に瞬時に現象化できますが、平和は抽象的で、その現象化や

言葉にすることが難しいことです。故に、有事における世論は、戦争を平和より優位に位置

付ける状態にあると言えるのです。


ここで、再度「平和」に論点を戻しますと、平和には、「国の平和」と「個人の平和」の

二極の観点があります。


「国の平和」とは、集団の平和であり、社会や家庭などの平和を「外観の平和」を指し、

「内観の平和」の、一個人の平和感と異なります。


ただ共通な言葉での「平和とは」は、その状態が「平穏」であると言うことです。


そして、「平和」は、「幸せ」を包含しますが、それは同一のものではなく、共に変化しな

がら繰り返す輪廻のものです。


人など動物は、己の動性感情を持ち、己の知性感情の欲求を含め、共に都度変化することで

争いの種となり、「平和」も「幸せ」も定まらない道理となるのです。


故に人は、「平和」と「幸せ」を生命の輪廻を超えて、恒久に求め続ける事になります。




posted by 猪僧老 at 00:00| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする