2011年04月06日

高血圧症とDASH食

高血圧症とDASH食が今話題なのです。

高齢者の高血圧症は、日々の日常生活の質、QOLの低下を来し、不快と不安との戦いとなります。

今米国では、高血圧症を懸念する社会となり、高血圧の予防と養生にDASH食が人気の様です。

そもそもDASH食とはどんな食事でしょうか。

その前に、高血圧症の原因を知る必要がありますね。

昨今は保健の知識について、多くの人に関心を持たれていますので、今更でもないのですが、
高血圧症を惹き起こす要因に、塩分の取り過ぎと遺伝体質にあると言われています。

しかしこの塩分即ちナトリウムの過剰摂取が何故高血圧をもたらすかについては分かっていないようです。

ナトリウムの一日の摂取量は、非高血圧の人は10g/日で、高血圧症の方は6g/日以下とされています。

この高血圧症を予防するDASH食とは、ミネラルのカリウム、マグネシウム、カルシウムを含む食材を
摂取することで、血管の拡張とナトリウムの排泄を促進して、血圧の上昇を抑制するものです。

即ち、菜食と魚肉の和食を取ることで、このDASH食の摂取となります。
posted by 猪僧老 at 22:53| Comment(0) | 高血圧症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする