2012年10月03日

「帰宅困難者対策条例」大災害時に都民を守る安心と安全に

大災害に見舞われた時、高齢者はどのように対処すれば良いのか。

私の友人が、こんな記事を知らして呉れましたので、ご紹介します。
身体弱者の高齢者が、知っておくべきことに、東京都の「帰宅困難者対策条例」による、事業者の食糧備蓄義務があります。 これは「公助」の社会安全化システムの一つと言えるでしょう。

東京都は、「自助」「共助」「公助」の考え方に基づき、全国で初めて企業に飲料水や食料の3日分備蓄などを求める帰宅困難者対策を総合的に推進する条例「帰宅困難者対策条例」を平成24年3月に制定し、平成25年4月から施行します。

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/japanese/tmg/kitakujorei.html 
日経新聞(419)
                


都は、予測される大災害に対して、その発生時の、一勢帰宅の制御、複数の連絡手段、駅や企業、学校などの利用者の誘導や災害者の保護、一時滞在施設の受け入れ確保、その他帰宅者の水やトイレの提供支援など、各種の予想される混乱を事前に抑制する対策の促進に努力していますが、その中で、帰宅困難者の大量発生という問題に直面する都心部の自治体や企業の一時滞在施設の受け入れ確保対策に、食料の備蓄があります。
 
この「帰宅困難者対策条例」により、一時滞在施設には、食料の備蓄が必要になりますが、この備蓄食料の保管についての対策として、最適な防災食として、調理不要、そのまま、すぐ食べられる長期備蓄の食料が必須ですが、この備蓄食料として、もともと自衛隊員の携帯食糧として開発された非常食品で、かなり過酷な環境下でのテストや細菌検査もされており、安全面でも自衛隊が認定している商品が推奨されています。

この備蓄食料は、製造後3年間保証の、1人3食分相当の箱詰めである事から、
@個人ごとに保管する(机の下、引き出しの中、ロッカー等)

・保管場所のスペースを必要としない
A持ち運びが容易
・非常時に持ち出しやすい
・災害時の帰宅可能者への備えとしても最適
B賞味期限が長期
・買い換えのコストや手間が省ける
などの利点があり備蓄食品として最適です。


商品名は、「防災丸かじりセット」と、コップ1杯の水で熱々のご飯が食べられる[あつあつセット]の2種です。

そして、備蓄事業者が特に気になるもの、 その費用や面倒な消費期限の管理もすべてサービススタッフが行いますので、事業者は、何時でも安心の飲料水、食糧備蓄することができます。(東京都帰宅困難者対策条例2012 ...)

我々のような高齢弱者は、これらのことを頭に、都内を歩く時に常日頃から、避難場所や給水施設などに気を配っておくことが、社会的「自助」の務めと考えましょう。



posted by 猪僧老 at 13:38| 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

福島原発被害と日本原発有無選択の智慧

福島原発の被害い復旧が3ヶ月を過ぎて、漸く縛の危機から脱しられるかと想定しているが、これからの見通しも未だ不透明の中、懸命の修復が続いている。

この間、他の電力会社の安全性の確認や確保が施行され多くの原発の停止が行われているが、東電の株主総会での、原発政策の少数株主側の停止動議は、大株主側に無視された形で否決された。

広島の原爆被害と今回の東日本大震災と同一視は出来ないが、原爆で、無条件降伏をし、敗戦国となった事と、非核国家を理念とする憲法を持つ日本で、今回の大被害の規模と、原発の安全価値は、国家の存続価値を否定すものと考えるようになった。

近年ゴミのリサイクルが全国的に実施されているが、消費の付が有料のゴミ回収袋から各種の処理施設までの国家的設備規模となってきており、この完全リサイクルまでは、未だほど遠い現状で、関係の住民と生活環境などの狭間で、各種の反対運動なども多く見られる。

原発を考えると、その利点を国防まで考えると、可也大きいものがあるが、消費のメリットとその後の、ゴミ処理問題のデメリットを考えると、デメリットの方が拡大していることは明らかで、原発も、排気燃料や放射線被爆など、今回の教訓から初めて、デメリット課題の解決の緒に就いたばかりと言える。

これらの被害課題の大きさは、全世界の生活や地球規模の自然環境全体に対する課題で、とても、短期間で放射線の封じ込めや、それらの安定性や安全性及び完全なリサイクル処理が出来る知識も知恵もなく、経済政治が優先されて、単にメリットのみを増幅させ、目先の対処療法の選択をえする現状にある。

この流れ(原発ボケ)の中で今、亡国の原発は、速やかな中止と廃棄する勇断(英知)が、人間の正しい智慧と言えるのではないか。
posted by 猪僧老 at 19:41| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

心の絆

高齢に伴い人の幸せとは何か?と考えることが多くなった。
暇になったせいか、それともヒガミなのかと自問自答をしながらも、
自分が幸せになりたいからであろうとの結論となる。

肝心の幸せとはの結論ではなく。

大震災のニュースが続いているが、未だ大変な状態と、
新たな生活のリスクが拡大している。

そのれらは、命のリスクで、食と住居の問題と放射線である。

食のない時には、全国からの支援で何とか命を繋いでいたが、
そろそろ3ヶ月を過ぎると、自我の心が目覚めて、それだけでは
又は、現状では、満足できない種々の欲求が生じている。

それ共に、放射線の恐怖心が成長し、不安を拡大している。

そんな複雑で困難な中で、例えば海外に避難した外国人の住民が
日本に帰国し始めている。

このことを考えた時、人は住家や災害やお金のリスク
そして自国の親族りも、その土地とその土地の仲間との
心の絆が一番大切な価値と気付いたに相違ないと考える。

そして、そこに幸せ、即ち、自分の心の居場所ががあると
気付いたことが、本当の幸せなのかもしれないと思う。
posted by 猪僧老 at 15:05| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

立ち上る高齢者の崇高な思い

今日次の記事に感動しました。

「技術が生んだ事故は、技術で修復する。それが責任。」発起人の1人、塩谷教授は言う。

1号機に続き、2号機、3号機もメルトダウンが起こっていたことが判明した福島第一原発事故。

「言った言わない」で責任を擦り付け合う政府のトップとは対照的に、「福島原発暴発阻止プロジェクト」を立ち上げ、何とか原子炉を冷温停止に収束させようと、自らが原発に入り、ボランティアで収束作業に当たる「行動隊」の結成を呼びかける人たちがいる。

行動隊の参加資格は原則60歳以上で現場作業に耐える体力・経験を有すること。

募集を始めて約1ヵ月半、参加者は160名を超えた。日本の高度成長を支えてきた技術者達が、
再び立ち上がろうとしている。【取材・構成:田野幸伸(BLOGOS編集部)】

この記事に接して、日本の技術者魂と高齢者の子孫を思う心と行動に、心より賛同し、敬意と感謝を捧げたいと思います。
posted by 猪僧老 at 11:41| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

原子炉被爆の影響を場ごとに共有し事に当たる

東日本大震災から一月を過ぎて、未だに解決のめどが見えない最も気になる原子炉の放射線問題がありますが、社会の非難を受けながら、そこに日々身体を張って取り組む関係者の方々に、本当に頭が下がります。

人の命の尊さは皆同じの中で、自分の命を賭ける人の思いは、他の大勢の人を救おうとする大慈悲の表れで、その人々こそが、最もその尊さを感じていると思われます。

昨今まで、無縁社会とかゲーム感覚の無差別殺人などが氾濫していたこの社会で、自分の命第一と考える人が多くなっている中で、私は、その人々の慈悲心は、本当に価値あるものと思います。

どうぞ被爆をされないようにと願うばかりです。

同様に、現場には無関係の私たちができることは、この人々の私達に対する思いを共有して、風評市街や不安にいたずらに騒ぐこと無く、国民一人一人がその場の量と質の放射線被害影響度を冷静に判断し整理して、その被害に共有した対応をすべきであると考えるのです。

posted by 猪僧老 at 17:23| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

東日本大震災を一月過ぎて今私たちが考えること

東日本大震災から一月を過ぎて、未だに解決のめどが見えない最も気になる原子炉の放射線問題がありますが、社会の非難を受けながら、そこに日々身体を張って取り組む関係者の方々に本当に頭が下がります。

人の命の尊さは皆同じの中で、自分の命を賭ける人の思いは、他の大勢の人を救おうとする大慈悲の表れで、その人々こそが、最もその尊さを感じていると思われます。

昨今まで、無縁社会とかゲーム感覚の無差別殺人などが氾濫していたこの社会で、自分の命第一と考える人が多くなっている中で、私は、その人々の慈悲心は、本当に価値あるものと思います。

どうぞ被爆をされないようにと願うばかりです。


現場に無関係な私たちができることは、この人々の思いを共有して、風評市街や不安、恐れる気持ちを整理して、いたずらに騒ぐこと無く、これらの放射線被害に対して、適切な対応を心がけ、前向きに協力することを、国民一人一人が共有すべきであると考えます。


元日本原子力委員長「原子炉の電力供給が断たれても、自然冷却可能な設...
福島原子炉の被害復旧
posted by 猪僧老 at 13:46| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

東日本大震災で大きく変わった社会

後期高齢の今、私の僅か一世紀弱の生涯の中で、戦争による大被害、オイルショック、バブルショック、リーマンショック、関西大震災、豪雨による大被害、そして、今回の東日本大震災と、日本は、多くの災害と、被害を経験しました。

これ等の、人、もの、金、の被害は甚大で膨大なものであったと思われます。

が、その度に被災者は、その苦難を乗り越えて今日があるわけですが、今回のこの期に思うものは、今迄の被害への対応と比し日本国民全体の心の対応が少し異なると映っています。

それは、今回の海外を含む被害者の方々への温かい心と物的支援が、日本全体に及び、そして全世界から注がれていることです。


被害の大きさが、今世紀最大の要因であることは違いを無いのですが、それだけでしょうか。
私には、それだけではない気がしています。


他にも、従来の犯罪ニュースの多用と比し、その報道の内容にも大きな違いを感じました。

そして、私が最も感激させられたのは、現地の、死を共有する地獄の罹災環境下が、生き残るための、自ら他の助けを必要とする心が芽生え、それが生存への息吹に変わり、人を労わる和の心が、次々と蘇生したことにあったと思います。


この仲間を必要とする本来の人の心が、共感の輪を拡大し、この心が全国の他の人の善意な心に共鳴して、大津波となって、この様な素晴らしい支援の奇跡を齎したと考えるのです。


【東日本大震災】中国紙も菅首相の寄稿を掲載
TweetCheck 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報や、国営通信、新華社系の国際先駆導報など一部中国紙は21日、東日本大震災での世界各国からの支援に対する感謝や福島第1原発事故への遺憾の意を示し、日本の再生に向けた努力を表明した菅直人首相の寄稿を掲載した...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、SankeiBizに帰属します。)
posted by 猪僧老 at 15:01| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

東日本大震災に人の命の尊さを思う

3月12日14時16分に東北地区太平洋三陸沖で発生の地震と14mと言われる大津波で、その死者を含めた犠牲者と被災者は、2万人を超えとされていますが、未だ不明者の方々を加えますと、更に増加することは明らかです。

この日本史上未曾有の震災となった東日本大震災は、膨大な人の命を飲み込む大惨事となり、一ヶ月を経過しようとする現在も、まだ復興の緒に付けないままです。

加えて被害を拡大したものに福島原発炉の6原発炉の損傷があります。

広島、長崎の原子爆弾の大被害に遭った日本が、この一世紀の間に、今回の事故で、二度も、放射線の大被害を受けることとなり、その影響は測り知れません。

被災地では今、人の命を繋ぐ事とその命を助けることで、国内をはじめ全世界の温かい支援が続く、その中心に、加害者の使命感や責任感などで、自分の命を掛けて、危険な環境で原子炉の修復に当たっている多くの方々とその家族の心を思うと、胸が詰まり、只ただ頭が下がります。

風評被害が全世界を駆け巡り、被害者でないものが買いだめに走る時、これらの身を削って世に尽くす人々の命を考えますと、いかに尊い命かと感じます。


人の命の尊さは、その重さよりも勝ることがあると考えるのです。


人の命の重さはどの人も同じですが、人の命の尊さには違いが出ます。

続きを読む
posted by 猪僧老 at 14:13| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする