2011年05月12日

世界卓球2011に日本選手の激闘

世界卓球2011は見ていますか。

時間になると他のことを止めて応援しています。

昨日は第2回戦でした。

日本男子シングルス2回戦で、水谷選手は2連敗からの逆転4-2、岸川選手は初ゲーム負けから4連勝で4-1で、脹選手は4-2で勝ちましたが、残念にも、丹羽選手は中国の馬選手に1-4で敗れました。

女子は、平野早矢香、福原愛、石川佳純の3選手が勝ち進みましたが、福原選手は、北朝鮮のキムヘソンに苦しみながらサーブでポイントし4-2で勝つことができました。

しかし、今日すでにシングルスの女子3回戦が行われて、福原選手が中国の范選手に1-4で敗退しました。日本女子で勝ち進んだのは、平野、石川選手の2名となりました。


ミックスダブルの4回戦は、岸川、福原選手が、シンガポールのガオ、り組に、4-0で勝利しています。

世界卓球2011の各国選手のベルも高く、ツワモノぞろい戦いとなっています。

本当に血圧が上がります。
posted by 猪僧老 at 15:30| Comment(0) | 世界卓球2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする