2013年09月16日

不戦国日本の誇りと国民の平和力を示そう

テレビ朝日で、石破幹事長の集団自衛権に対する考えを聞いていたが、先ず中国の

領海侵犯、朝鮮や韓国に対する警戒など、国の危機感の高揚に対する対策として、

憲法を改定して、集団的自衛権が施行できる国にすること。を力説していた。


先ず、国家的危機が存在するための国家防衛を確りしなくてはならない。と言う話だ。

 

又、仮想敵国は中国ではないと言う。どういう意味であろうか。

 

それでいて、東南アジアの平和に集団的自衛権が必要だと言う。

 

一見、この論点は常識的に聞こえるが、真に矛盾した話で、全く筋の通らない

集団的自衛権行使の正当性に賛成できない。

 

又何故、東南アジア諸国に日本は入るが、韓国や中国が入らないのであろうか。


これらから、集団的自衛権の考えの基本は、参戦報復武力攻撃ある。

報復武力攻撃は、戦争参戦に繋がる道理であり、当事国を戦禍に巻き込み、長期化する。


この武力報復が前提で、集団的自衛権行使と軍事力の強化へ、対抗志向が固まっている。

“やられればやるぞ“は、お互いの緊張を高める態度であり、この考えの線上に、

集団的自衛権を正当化する思考の固執である。


何故、「日本は絶対に戦争をしない」と、徹底して隣国や国連に主張しないのであろうか。

この考えは、現実的ではないとするのが今の内閣とその周りのシンクタンクだ。

国際的に、戦争が正統化されることは、絶対にないのだ。

他国に絶対侵犯をしないとする日本に、他国が武力で侵犯をし、己の正当性を国際的に

主張することは困難であり、国策として得策ではない。


それでも侵犯を重ねるなら、現状対応力で抑制し、先ずは米国に、そして、世界各国に、

報復抜きの解決へ、救援を求めるべきである。


もし日本国民が戦火の被害を受けても、報復を行わない場合の被害は、報復戦争を行った

被害より、遥かに少ないものになるはずだ。


それ故に、平和を守る日本国民の強固な意思が、その危機を救う力となると信ずる。

「戦いはしない」を前提とする日本外交戦略を、何故国民に示せないのであろうか。

政府は、この課題を考えられないか、不戦の覚悟が薄弱だからであろう。

国会は、真剣にこの戦略に取り掛かって貰いたい。

そして、その結果を国民に発表し、この国策を固めて欲しい。

真剣であればある程、不戦戦略の企画が現実化して、必ずや、かなり高度な不戦戦略が

出てくるはずである。



posted by 猪僧老 at 11:39| 集団的自衛権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

集団的自衛権(5)安保の真のパートナーとは

私を、現実を知らない口だけの平和論者と口で片付けるのなら、政府は、国際舞台で、

命を掛けた緻密で高度で高潔な、独立国としての平和外交を見せて、私のような愚直で

無知な国民を唸らせて貰いたい。

 

何故なら、「火力」があれば独立国であり、平和な国になれるとする、北朝鮮のような

子供的で単純な理論は、今の世界平和には繋がらないからである。

 

この平和啓蒙の戦いは、「火力」の戦いよりも圧倒的に難しいが、国民の犠牲者は、

到底比較にならないほど軽微な戦いでもある。

 

それでも、「火力の均衡」を果てしなく続けることが平和への道と、考えいる無知な国民が</br>いるとすれば、最早平和は諦めざるを得ない。

 

過去から現在も続く戦争の原因は、歴史的に、遺恨と覇権によることは、誰しもが理解して

いることで、その全てが、その首謀者が仕掛けたものであり、一度火がつくと、

それを止めることは極めて難しく、何十年もの間、国民を苦悩の世界に追いやるのである。

 

「火力」が国際的に消費されることを国益の一つとする米国に、更に、米国が平和憲法を

押し付けられたとする米国の裏を読んだとして、憲法改正を正当化し、同盟国のバートナー

となるために、倫理性と外交均衡感覚の薄い政府が、その片棒を担ぐ方便を駆使して

国民を操ろうとしていますが、この愚策を即刻止めて、国民一人一人が、真に無火力の

平和の信念の醸成の政策に転換して、それを固め、官民が総力を挙げて平和を希求する姿を、

世界に積極的に発信展開して、国際交流と貢献を図る、日本国になることが望まれるのです。

 

これは夢ではありません。難しいですが、団結すれば実現できることです。

 

国も国民も、本気で世界平和を望んでいないから、出来ないことなのです。

 

理性の総合は平和に繋がり、火力の統合は戦争に繋がります。

 

日本政府の考え方か間違っています。

 

あなたのパートナーが殴られたら、あなたも相手との戦闘に加わり、共に死傷しても、

とことん戦うのが、パートナーですか。

 

それとも、パートナーをこれ以上死傷しないように、戦いを止めさせ連れ去るなど、

避ける方向に向かうのがパートナーですか。


貴方がパートナーなら、どちらが賢く、そして、真のパートナーでしょうか。



posted by 猪僧老 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団的自衛権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

集団的自衛権(4)どちらが尊敬されるか

「火力」で戦う気概は、「火力」依存の強兵主義の証拠であり、国力が一見少し強くなったと錯覚した気概で、戦争の悲惨さとは比較にならない力みであることを理解すべきです。


故に、この気概を、反戦の気概に変えて「平和憲法」を護る力とし、国際社会に、反戦の鬼となって[闘う首相]の姿を見せつけて欲しい。


国際的に観て、日本の改憲と護憲は、どちらが歓迎され、尊敬されるだろうか。

戦争を煽り、戦火の口実を与える智慧の無い外交戦略は失格外交であり、独立国を目指す日本には、それなりの大人の外交力が望まれる。


「火力」の国力設計は、誰が考えても一番易しい国策であろう。


そして、その設計図は、拡大し続けなければ成り立たない、際限のない国策となることも明白な事だ。


資源もない四方を海に囲まれた日本を、過っての[中曽根内閣]が、「戦艦空母」と揶揄したことがあったが、現在の戦力には、アニメの戦艦空母ヤマトのような強い空母を作らなくては、安全な自己防衛は、到底届かぬ遠い話であることは、私の浅識でも感じられることだ。


つづく

posted by 猪僧老 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団的自衛権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

集団的自衛権(3)火力で平和は来ない

「火力」で戦う気概は、「火力」に依存の証拠であり、国力が一見少し強くなったと

錯覚した気概で、戦争の悲惨さとは比較にならない力みであることを理解すべきです。

 

故に、この気概を、反戦の気概に変えて「平和憲法」を護る力とし、国際社会に、

反戦の鬼となって[闘う首相]の姿を見せて欲しい。

 

国際的に観て、日本の改憲と護憲は、どちらが歓迎され、尊敬されるだろうか。 


戦争を煽り、戦火の口実を与える智慧の無い外交戦略は失格外交であり、独立国を

目指す日本には、それなりの大人の外交力が望まれる。

 

「火力」の戦力設計は、誰が考えても一番先に思いつく、安易な国策であろう。


そして、その設計図は、際限のない、拡大競争の国策であることも明白な事だ。


過って[中曽根内閣]が、資源もない四方を海に囲まれた日本を「戦艦空母」と

揶揄したことがあったが、現在の戦力には、アニメの「戦艦空母ヤマト」の様な

超強力な空母を作らなくては、真に安全な自己防衛が出来ないことは

私の浅識でも分かることだ。



つづく

posted by 猪僧老 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団的自衛権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集団的自衛権(2)誇れる国際貢献はできない

米国の、この様な戦略的経済外交展開を進める中で、日本は、米国の虎の威を借りて、

日本国軍を作ろうとする策略は、今の世界の平和戦略の流れを、阻害する原因となって

いることも気付かずで、信じられない政府の姿です.

 


「火力」や[虎の威]を借りなくても、平和憲法を掲げ「信念と胆力」で外交する

意思が見えないのが残念でならない。



今までの外交は、安保の傘の基での経済力で、常識的外交をし、60年の長い間

その平和の歴史を進めていますが、その間も、朝鮮事変やオイルショック、米国との

経済摩擦など、際どい難局が数度襲ってきましたが、それを乗り越えている。



それは戦火の悲惨が、日本に及ばなかったからである。

しかし、その戦争のおかげで、日本経済は大きく拡大する恩恵にあずかった。



この間の外交は、経済力の外交が主で、胆力の「不戦平和外交」は、少なくても、

国民が認知できる「胆力平和外交」は、殆ど行われていません。

 


今回のアジア危機は、阿部内閣の国策が、近隣国にその緊張を作る口実を与え、

これを中国や韓国が、巧みに利用していると言えます。

 


阿部内閣は、軟弱な国民の平和志向を利用して、今回の「平和憲法」を正当化

しようとすることは、今や明白でありますが、その前に、先ず政府がやることは、

「平和憲法」の力を、政府の「信念と胆力」に変えて、「平和日本」の真意を、

積極的に国際社会へ発信して、世界平和の支援基盤を高める実績を示して欲しい。


つづく

posted by 猪僧老 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団的自衛権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする