2014年12月23日

年末の終活

毎年年末となると又1年が過ぎたかとかと思う気持ちに、終活の1年が気に成ります。

この1年は、時間を惜しんで日々を過ごしてきましたが、目指した目標に到達できず、
相も変らぬ貧乏所帯と介護家事生活を続けております。

先週は、年3回の退職組の忘年会があり、色々と現在の様子を語りあいをし、その内容
が在り来たりのものですが、それなりに楽しいひと時を過ごす事ができ、終活の意義ある
一時となりました。

これも身体が健康であるが故できる事でありますので、本当に体に感謝です。

私も後期高齢ながら、ネットビジネスの世界を学習していますが、今年はパソコンが
不調で本当に辛い思いをしました。

又個人のネット業界の不良や不正な事も色々経験をしています。

命もお金で売り買えできるとされるこの時代は、資本主義社会の終焉と言えるでしょう。

新しいものや科学が物珍しさから目を向けられ続けていますが、人が人たる由縁を
忘れ去っている時代となり、人の幸せも金持ちとなる事に主眼が置かれている社会で、
貧乏老人の生活や終活は、その枠が小さいものとなり、社会からの存在価値も薄れ、
目立つのは、高齢社会の医療費と言う、これもお金の問題となって、税の増加が言われ
ています。

この社会を振り返り考えますと、科学の進歩は、社会の生活コストとして増加しており、
それが税金でもあり、給与でもあります。

給与は、世界でも先進国の仲間入りをした高額となりましたが、その分生活費が上がり
実質の取り分はこの10年以上増えていないのが実態で、これも社会生活コストが
それ以上に上がってきたためです。

年金生活者は、年金の切り下げと物価高、税の増加で、益々生活が困窮化していおり、
こんな社会を若者が見た時、国も、将来も希望の持てないものに映るでしょう。

集団的集約から個人的分散に無い、社会経済勾配が、中堅層から二極化に向かう
日本は、更に社会を不安定にし、政治への関心も薄れ、心の離散が増進します。

あまり先がない私たち高齢者ですが、この流れが長く続くと思うと、この国の将来を憂い
ざるを得ない心境に成ります。

日本の政治は、本当の国民の幸せをもたらしたのかが、問われる問題として、心に留めて
心の渇きを潤わしながら、更に、終活を実のあるものにしたいと考える毎日です。



posted by 猪僧老 at 13:41| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

80歳誕生日終活の1日

811日の今日は、私の数え80歳の誕生日です。


昨晩は、日曜NHK韓国ドラマ「太陽を抱く月」で、陰謀から死に至らしめられた王女と

それを嘆き悲しむ王子に涙し、また、自衛隊幹部候補生学校の幹部候補者に対し、集団的自衛権に

対する考え方の取材を拝聴しました。


政治の、隣国との緊張関係が高まる防衛政策の中で、次のような言葉が聞かれました。


大いなる精神は静かに忍耐すること。

国民の役に立つこと。

最も強い力を持つものは、最も謙虚でなくてはならない。

他国の異文化に対しても、その地元の文化と生活にその目線を持つ。

自衛隊への信頼関係と、理解、共存を高めること。

任務と命の重要性に対処すること。


などが、自衛隊幹部、教官や若い幹部候補生の口から聞かされ、改めて戦後の自衛隊教育と

その精神の健全性に感じ入りました。


そして特に、「戦後701発の弾丸を撃つことも無く、1発の弾丸を撃たせることも無かった」

ことを、自衛隊の誇りとしている。と結んでいることです。


そして、各幹部は、平和憲法と、集団的自衛権下の、国民に対する義務と責任の重みを確りと

噛み締めているようでした。


私は、仏教徒で当然に護憲派ですが、これを聞いて、阿部内閣の集団的自衛権の行使と、

現場の現自衛隊幹部との平和の保持理念に、質的際を感じています。


物心付いてのこの70年は、波乱万丈の人生で、十分に長く生きたと感じますが、丁度、日本の

男子長寿の平均年齢と言うことで、何とも微妙な感じです。


しかし、何と有り難いことでありましょうか。


昨日までは、今年最高の勢力と言われた台風11号はその猛威を振るいながら、日本の沖縄から

北海道までを縦断して去り、今日は一転して、35℃の猛暑晴天となりました。


テレビでは、恒例の夏の高校野球の甲子園入場式典が今日開催されました。


さて、この1年を振り返りますと、生涯で経済的には1万円の食費の最低の生活ですが、

精神的には、左程落ち込むことは無く、信仰、ブログ、ネットビジネス、仲間とのテニスなどで、

日々を有効に生活しています。


ただ、この年を迎えて特に気になることは、私の使命と考える「真の仏教の普及」と、

病気の妻の治癒です。


今日も変わることなく、6時半起床の24時就眠の生活の、分刻みの諸事を楽しみ、可能な限り、

自分が目標とする課題や責務に努めて、人生終活の1ページを作りたいと考えます。



posted by 猪僧老 at 10:49| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

シャンソン歌手フランスのイベット・ジロウ氏の死去

日本のお馴染みの歌手の、シャンソン歌手イベット・ジロウ氏が、フランス北東部

ストラスブールの自宅で、97歳の老衰のため3日死去されたニュースが入りました。


イベット・ジロウ氏は、55年に初来日以来90年まで毎年来日し、来日中は、コンサートや

老人ホームの慰問などを続けて、94年には、勲四等宝冠章を受章しています。


謹んで哀悼の意を捧げます。


私も何度か彼の低音の魅力ある歌声を聞いたことがあり、その懐かしさを感じます。

97才のご逝去は、きっとご自分の人生を満喫された満足なものであったと思います。


私も高齢の終活の身で、人の死について都度その生き方を教えられていますが、

なかなか思う生活基盤が作れずに、焦りを感じます。


終活は、臨終まで続くわけで、この内容を吟味しながらの人生を逆に楽しみにしたいと、

最近は考えて、程々を尺度に過すことにしています。



posted by 猪僧老 at 11:07| 東京 ☁| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

未亡人宅にお邪魔して

友人が亡くなって8年の命日が来たので、お参りに未亡人宅を訪ねました。

78才でこのよトお別れしたのですが、私の気持ちは、大切な友人の
成仏仏教をする回向のためです。

友人とは言え、既存形式仏教の回向では成仏できないためですが、
そんなことを一般の人にお話ししても理解できないので、本下仏教で
回向しています。

さて、ご婦人のお話は、やはり親しい人のお母さん90歳でお亡くなりになったことや、
いとこのお母さんが87歳でお亡くなりになり、その葬式がちょうど同じ日となったこわと、
などですが、どちらも栃木トか茨木でのことで、とてもお参詣ができないと悔やんでいました。

私自身も、私のまわりも次々と体力が弱り、生活活動やその範囲が狭くなっていますが、
お金の心配のない人も、その悩みは深いようです。

高齢になると、活動範囲の狭さもありますが、人との接触も少なくなり、このため、
他人と話すことが少なくなることで、徐々に老化が進んでゆくように思います。

そのため、独居老人生活をしている人は、動ける人に来てもらっても
1~2時間の「だべり」をして下さい。

これも終活の大切な一つです。

高齢者の周りの環境や情報は、明るくないものが多いのですが、
それを、「だべり」で明るい気持ちに変えてゆきたいものです。


posted by 猪僧老 at 11:47| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

ネット詐欺の手口

先週のことですが、いつものメール処理を行いましたが、その中に、大手XX銀行からの
メールがありました。

そのメールには、そのネット銀行取引の「安全管理」対策に関するメールでした。

日頃、ネット関係のリスク管理に関心を持ち、随時その警告を実施していましたので
今回も、そのURLからXX銀行のホームページに入り、ログインから次の手順に従って、
入力作業を進め完了しました。

さて反省ですが、被害の前日に、次の点に不手際があったと考えています。

1.ある入金ソフトのインストールをセキュリティーを解除して作業をしたこと
→「この種は相性などで時々行っていること」
2.「メルアド」が一部異なっていたこと。→「従来も時々この種の例があること」
3.作業の途中に「顧客契約NO」からログインしたこと。→「通常行為」
4.手持ち「乱数表」の入力を求められたこと。→「今回が初めて」
5.大手XX銀行からの「メルアド」が一見似ていたこと。→「未確認であったこと」

このために、従来の契約NO、乱数表、口座の凍結、再発行手続き、警察の届け出、
を行いました。

貧乏所帯て、生活費の残金が抜かれたことは、師走の今本当に衝撃の災難です。

多くのメールの中で、金融機関など注意するメール以外は、削除などの作業を
する毎日ですが、この様な一部のみでも異なるメールには、特に手を止めての
上記作業での、注意力が必要であることを、改めて思い知らせれました。















posted by 猪僧老 at 13:09| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

高齢者のエンディングノート

高齢者が特にそうであるように、加齢するごとに、 残す日時が短く感じて、
確かに、日々の過ぎゆくのが早くなっている。

人により異なることではあるが、やり残しがどんどん逆に増えている感じで、
恐らく今生では間に合わないと思う。

現代で年金貧乏の私のような一番気になるのは、自分の葬式代である。
若い時は何の不安もなかった銭のことが、今は、家族の長期の病気があったり
金融なと経済変動や、災難などの事故に遭ったりして、計画が大きく狂っている。

その上で更に気になるのは、自分の成仏と残した家族が自分など祖先に対する
ご回向のことで、信者の私には、信仰に興味のない子供たちの死後の振舞いが、
今から気になるのである。

無信仰者に、限られる法華経でしか成仏ができないことを説いても分からない事で、
安心して死ぬこともできない有様だ。

いざ鎌倉の時に、遺言ではないが、自分の希望をしたためておくのに、有効なのが
エンディングのーであろう。

市販の円ディグノートは、項目が整い過ぎて、かえって書き難いので、気楽に
書ける自分のノートを書き順で整理しながら書くのがよいと考えいる。

物を整理するのは残すものは必要であるが、全てを整理するのは無理であるから、
また、心をものに残すことも無理であるので、このエンディグノートで、遺すことを
元気なうちにしたためることが必要と、最近は考えている。

posted by 猪僧老 at 16:04| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

父親の自覚と子供につなぐもの

久しぶりに親戚が上京したので、子供達も集まり小宴会となった。
普段はありま話し合うことが少ないが、こんな機会には大いに盛り上がることがある。

仕事のこと、宗教のこと、生活のこと、など互いにコミュニケーションに花が咲く。

こんな一般の話の中で、社会認識や宗教感の違いなどが生じた時、夫々に理解と
反論が生ずることかあるが、こんな時に、親の責任感が湧き出てくる。

大の大人となった子供も己の持論を展開するが、時の教育や経験の子となりから、
人としての考え方や言葉の使い方など、その正しさを示さなくてはならないと考える。

別に、議論せずに無難にその時をやり過ごせばよいものであるが、親の鎌首が持上る。

これが、父親の自覚と言うのか、親と子の常識の異なりを論ずることとなる。

この様な大事な課題が多く調整できることて、永眠への障壁が、少しづつ低くなって行く
と感ずるこの頃である。

私の終活で最大の課題は、正しい宗教の相続ができるかである。
posted by 猪僧老 at 16:55| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

東京オリンピックに夢をつなぐ

先が短くなるほどにやらなくてはならないことが多くなり、気忙しい日々となっている。

多くの人は、終活活動やエンディングノートの記帳、身の回りの物や財産の整理を
しているかもしれないと。

更に、今週から万勝の改修工事が始まり、公共スペースの置物の移動が加わり、
年寄りには億劫な日々が続くことになっている。

そんなときに、IOCの東京オリンピックの決定があり、危ないアベノミックスを救う
大きな力となることであろう。

私にとっての東京オリンピックは、人生の最後の機会となるので、それまで生きる
目標と、日本の復興の夢が持てたことでもあり、有り難いことだ。
posted by 猪僧老 at 09:34| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

敬老をどう考えるか

周りでは。敬老の日が近づいてきたため、催しや贈りものの準備が忙しくなってきている。

私も地区内の敬老対象者に、お渡しする贈り物の用意を始めました。

この敬老の日の由来は、聖徳太子が建てられた四天王寺の一つであります
今の養老陰のような施設の、悲田院(ひでんいん)が、9月の15日に出来たことで、
これに因んだものではないかと思いますが、政府の決めた人に聞かないと分かりません。

単に、3連休のために、9月の第3月曜日をこれに充てたのかもしれませんね。

私も当然にこの類に入るのですが、現代の核社会や長幼の序など敬老秩序や制度が
無くなった社会では、老人の価値は、姥捨て山の時代の価値に似てきているように思います。

又、敬老と言われる年齢も不定でありますので、その意図するものもあいまいです。

この中で、社会に貢献してきた高齢者に敬意をとする催しは、何とも気乗りのしないものです。

しかし、年少者や関係者が一生懸命にその運営を成功させようとする姿は、
敬老の日の憩いのイベントとして楽しませてくれます。

高齢の今、敬老の日をどう受け止めるかですが、雑念を抜きにこの日を、「長寿感謝の日」の
「自分に感謝する日」にしたいと考えています。

posted by 猪僧老 at 11:50| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

お盆も終わりましたが

お盆は、「盂蘭盆」(うらぼん)のことですが、仏教ではなく、仙人思想の道教の影響で、
ご先祖がいる「地獄」の蓋が開き、中日に、地獄の蓋が閉まりますので、その間に
ご先祖に供物をささげて、ご先祖の「霊」を、供養する習慣です。

日本ではこの習慣が、江戸時代に強制的に行われて、今日に至ります。

仏教では、目連尊者が地獄にいる母を、お釈迦さまにお願いして、
地獄から成仏させて救いだす親孝行の話となっています。

ただ、残念なことは、お墓やお墓前リに、宗教の意味を持たないのです。

又、折角のお墓があっても、関係者、特に宗教に関係を持たない子孫が増えており、
親の供養をすることが無くなっていることです。

高齢者となりますと、実家の墓などで、納骨はできる人もあると思いますが、
それにも色々支障のある人もあり、死後の魂を「成仏」へ「回向」する信心相続もなく、
自分の「魂」の安住が、心配されるのではないでしょうか。

「末法」の現在、「本化仏教」のみに、その答えがあるのですが、自分の死後を考える
「終活」に、真に大事な課題ではないでしょうか。

posted by 猪僧老 at 17:29| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする