2012年01月18日

息子に冷遇される母

昨日漸く訪ね人を一年かけて探し当てることができました。

其の方は、2ヶ月に一度程度会っていた、既にに80を過ぎているご婦人ですが、
一年前から行方が分からなくなっていました。

自宅に何度もお尋ねするのですが、お留守のようで、お会いできず、
時々電話や手紙などを入れて、連絡の要請をしていました。

自宅では息子さんと同居しているのですが、身体の病での不自由の中、
息子さんの食事など、手足が可也動かなくなる一昨年まで続けているようでした。

只、息子さんのお勤めが夜の務めとあって、18時ごろ出かけて朝帰りの様子で、
お尋ねしてする時は殆どが寝ている時間で、婦人はそれを気兼ねして、玄関先での話は、
用件のみの、ささやき声で行っていました。

昼間にお邪魔した時は、ヘルパーの介護を受けて、入浴などにぶつかることも
時々あり、体の弱体化を懸念していた付き合いでした。

休みの日を選んでお尋ねしても、息子さんが居ることは分かるのですが、
呼鈴で呼んでも、一向に反応が無い状態が続いていたのです。

心配が重なって、遂に市役所担当課から民生委員に、個人保護法の固い壁を潜りながら、
ご婦人本人からの連絡を依頼していましたが、先日、本人入居の介護施設の責任者の方から、
連絡を貰う事ができ、本人の様子を聴きますと、入院しているとのことでした。

病院名を訪ねて3日後に知り、早速お見舞えに出かけましたが、運悪くご本人は丁度
退院された後でした。

しかし、退院できたこと、そして病棟から怪我の入院であることが分かった事で、
今迄の緊張が一気にほぐれた感じでしたが、翌日、施設で待望の面会となったのです。

婦人は、大変に驚き又喜んでくれました。

お会いしてから分かったことですが、本人の痴呆が進んでおり、話しをしようとするのですが、
その内容の言葉を思い出せない事が半分程度ありましたが、只、嬉しい事に、私の顔と名前は
覚えてくれていたのです。

話には精力を使うために疲れるようで、余り長話は出来ない状態でしたが、居住をその
介護施設に移したことで、老後の身の回りや、諸々の日常の不安が激減したようです。

息子さんも、殆ど尋ねる事が無いようで、独居老人の方とは違っても、一人息子が頼りの
ご婦人にとって、この別居は家族との絆が薄れたことは言うまでも無い事でしょう。

私は又一人、社会の弱者の淋しい顔を見てきて、弱者の社会での在り方と生き方を
考えさせられたのです。


posted by 猪僧老 at 14:03| 還暦ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

沢尻エリカと高城剛の離婚騒動

沢尻エリカさん24歳は、幼い可愛らしいと大人の妖艶さを持ち合わせ女性として注目され、女優として歌手として、映画やTV、CMなど多方面で活躍し、今時の人となっていますが、ハイパーメディアクリエイター(映像作家) で著作家でもある高城剛氏45歳との離婚が話題となっています。

交際は2006年からと言われ、2008年12月結婚を発表し、1月19日明治神宮で挙式をし、ハワイで披露宴を挙げるなど、その存在感を世界に広めました。

さて、離婚原因については明確ではありませんが、金銭感覚と年の差での家庭観の違いではないかと思われます。

一般論となりますが、太古の狩猟文化時代から女性は子供を産むことで尊ばれ、男性はその女性を外敵から守ると言う、本能的習性での種保存の生活文化が受け継がれており、現代も主として「男性は家族や仲間の為に稼ぎ、女性は自分の為に消費する」慣習が生きていると思います。

生きる為に食を捕る時代が、金銭で稼ぐ時代となり、ましてや女性も金銭を稼ぐ時代となった現代は、互いを必要とする絆も薄れる時代となって来ています。

前記の沢尻エリカと高城剛の離婚騒動は、互いに社会的かつ経済的独立基盤を継続するための意思が底辺にあるもので、一般高齢者の離婚問題で感じる悲壮感とは、可也差があるものを感じます。

特に「犬も食わぬ」と言われる、定年後の我が家の離婚話は、稼ぐ夫の優位性が消滅した一人の男性の離婚話で、淋しいかな、何の話題にもなりませんね。

続きを読む
posted by 猪僧老 at 14:19| Comment(0) | 還暦ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

男子の老後は孤独に襲われる

少子高齢化社会と言われる、日本国民の社会構成をこの一世紀で見て見ますと、婚姻率がほぼ半減し、離婚率は上昇しています。

もう少し細かく見て見ますと、65歳からの離婚率が特に上昇傾向にあります。

又、世帯別に高齢者を見て見ますと、同居、単身、夫婦のみ、の世帯が夫々ほぼ1/3づつとなっており、子供との別居世帯が増加した核家族の生活が伺えます。

尚、高齢者の単身生活が増加している背景には、その世帯の死別や離婚が考えられ、高齢者の孤立化による、淋しい生活が伺えます。

さて、わが身に振り返ってみますと、夫婦間の絆が切れるすれすれ状態で推移している感があります。恐らく双方が健在であれば、又、経済的に恵まれていれは、離婚か別居かになっているかもしれません。

一般的な定年後の夫婦間の危機については、定年退職の前から、その危機感を抱いていたのですが、家族のために働き抜いた自負感から、自分の妻に限ってと自信がありましたが、その後の生活環境の変化で、この自信は飛んでしまいました。

考えて見ますと、家庭と言えど、その生活は夫は家の外で、妻は家で、日々別々に暮らすこと、40年もの長い間、互いにその生活は、働きを分担し続けて、漸く夫が家に居座るようになって、家庭を顧みた時、家庭経済の主人公の座は既に妻にあり、長い間の子育と、夫を陰から支えてきた自意識が頂点に達する時期にあって、これから家庭生活を夢見る甘い考えの夫の居場所は、既に薄れているのは当然の理と言えます。

ここから、夫は家庭での主人の座を失い、男の淋しい孤独の人生が始まると言えるのではないでしょうか。
posted by 猪僧老 at 19:04| Comment(0) | 還暦ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする