2015年09月22日

シルバー週間に日本の集団的自衛権を考える

民主主義国家として戦後70年を経た日本の政治に、「民主主義とは何ぞや」と、

今更持ち出すことは、違和感を覚える人もあると思いますが、戦後の70年は、

民主主義と言う名のもとに、多数決の力学が民主主義のスタイルとして来たきらい

があります。


今回の安保法案の賛否を巡り、国会前にこの採決に反対を唱えて参加した、

老若男女を含めた多くの民衆が、主権者の1人として、間接的ながらもデモ

と言う抗議の形で、国会の議決に加わり、自分の反対意思表明を行いました。


今回830日の国会前デモは、12万人に上る規模と報道されています。

60年の安保闘争は、学生が中心のデモでしたが、55年を経た今日、それを

上回る抗議デモとなったことは、如何に、この安保の違憲見解や武力行使の

内容に不安があるかを表したものとなりました。


しかし、自公の与党と、野党の一部の賛成多数で、安保法案は議決され、

民主主義の基本である「少数派意見の尊重」の理念が無視された多数決での

結果となりました。


これはそもそも自公与党の「一党多弱」の国会そのものが、民主的体を示して

いないことと、その審議の内容に多様なテーマを含むものを包括的な一つに

まとめての審議であり、最初から咬み合わない次元のもので、細かい内容の

審議は除かれ、その01かの枠の争う重点審議となり、審議内容の消化不良

が重なり、民意の不安対する論議が欠如したものとなりました。


何故、阿部内閣は、この法案を今季通過を目指したのかは、見解の分かれる

ところですが、間違いのないことは、日本の安保に対する米国の武力関与の

要請がその背景にあり、それが今回の包括審議と言う「セット」の形で提示さ

れたものです。


米国の国会では、「日本の国民の安全を何故、米国の国民だけが、その命を

賭けて守らなくてはいけないのだ」と言う声が強くなっていますし、米国の

傘の下で、「金」でだけで、平和を唱える日本に対する反感があります。


この背景には、阿部首相の今年の4月の米議会演説から始まります。

阿部首相の演説は、中・韓・ロシアの「反日統一共同戦線」と、米国の意向に

反し、靖国参拝で問題視され、米国の頭越しの中国接近など、国際的苦境に

立たされた日本が、阿部首相の米国訪問を機に、その関係強化を図る目的での、

米国議会演説をし、それから今回の「安保条約」まで、阿部内閣は、米国の

信頼できるパートナーとして「安保条約」で日本の決意を示すものとなったのです。


従いまして、初めから「安保条約」の集団的自衛権の解釈変更の法制化は決

まっている審議であり、故に、民主主義の国民目線次元の自衛ではなく、日米の

政治的関係強化のための「集団的自衛権」採決だったのです。


尚、日本の「選挙制度」にも大きな課題を残し、国民は「一党政治」の選択を

せざるを得ない状況にもあり、先進国としての、民主主義制度の在り方を再考

する必要があると考える。


このシルバー週間の敬老の日に、高齢者は日本の将来をどの様にリードすべきか

を考える時を持ち、自分の終活を、将来の世界に貢献できるものにしたいと考えています。


このままでの政治と国民の質では、国際的に日本がどのような国になるのかが

分からず、本当に心配です。




posted by 猪僧老 at 17:37| 東京 ☀| 定年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

高齢者転倒防止訓練で長生きしよう

高齢者の転倒による骨折事故が多くなっています。

私の父も転倒が原因で他界しました。



この様な転倒は、総じて筋力の衰えから来るものですが、

この転倒を避ける新訓練法が公開されています。



英医学誌に掲載されたスウェーデン医療機関の研究では、

歩いているときに話しかけられて止まる高齢者と、

話しかけても止まらずに話しながら歩く高齢者と比べますと、

その後の6ヶ月の間に、歩くのを止める前者は、

後者の4倍以上の転倒差が出たとしています。



このことは、急に話しかけられた前者は、別の事に注意を

向ける余裕がなく、ちょっとしたことが原因で転倒すること

が分かりました。



その原因は「デュアルタスクの対応能力の低下」にあると言う

ことで、それに対する転倒防止の新訓練は、同時に複数のタスク(課題)

能力を鍛えるものです。



この訓練が家庭で出来るものに、

椅子に座りながら、川にいる魚の名を出来るだけ早く、

5秒の間、足踏みを行いながら答える訓練です。



次は、山にある木の名前や、畑の野菜などを用いて、同様に行います。



外に出ての訓練は危ないので、空き地などを使い2m毎に曲げた処に

印をつけて、それを目標に歩く訓練をします。



この実験では、円滑に歩けない人は、歩ける人の19倍の転倒確率が

あることが分かりました。



なおも訓練を、歩けない人に半年続けたところ、その転倒確率が、

1年間で1/3に減少しました。



又、丈夫な骨を保持するためには、さけ、にしん、さんま、ししゅもや、

乳製品、など、ビタミンD、カルシウムを摂るようにしてください。



posted by 猪僧老 at 19:09| 東京 ☀| 定年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

高齢者層の所得格差対策

アベノミクスの「財政出動」「金融緩和」「成長戦略」という「3本の矢」が放たれ、
「デフレ脱却」から「富の拡大」につなぐ政策としていますが、現時点の効果では、
円安の進行から株価の上昇へ、そして物価の上昇、所得税のアップなどの段階で、
一般の生活は、かなり苦しみを伴うものとなっています。


他方産業レベルで見れは、輸出産業の好転が予想されますが、この数年、それを
支える中小企業の倒産も多く、産業再編成を待たねばなりません。


故に、底辺の庶民には、かなり長期の忍耐を強いられることでしょう。


さて、この様な国内背景で、消費者の経済格差が広がっていると言われますが、
その再配分所得を統計で大別してみますと、45歳未満(458万)と65歳以上(467万)
の層の500万以下と、45歳以上64歳未満(601万)の層の500万以上が見られます。
※()は、その層の再配分所得の平均です。


この2分された層のその平均格差は、140万程度です。


この数値から見える事は、その世帯の扶養数の多さより、世帯当たりの格差は、
極端な変わりはないように思えます。


しかし、同年齢層から見た格差は、この20年拡大しており、生活れペレの低下
となっていますし、高齢者の年金や税の再配分の今後の低下が、今後の社会で、
働けるものと働けないもの、世帯の疾病度合い、生活物価環境などを考えるとき、
今後も徐々に悪化すると考えられます。


そして、今後の経済格差の二極化は、ネット強者市民とネット弱者市民で分かれ、
この両者の格差が、社会を動かす要因となりますので、その意味では、現在30歳
以下の層が経済的強者となり、高齢層は、それとの格差が拡大することになります。


この様なことから、ネット弱者の高齢層の収入拡大を模索する必要がありますが、
その収入を投資に回す知恵を備えるのがこれからの格差社会に対する対策と
なりましょう。


posted by 猪僧老 at 12:49| 東京 ☁| 定年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

アベノミクスに生活をどう支えるか

最近の物価高の世情は、低所得高齢者を直撃し、先の暮らしを不安なものにしている。

自民は、アベノミクスを政策に掲げて、今その滑り出しが順調である報道されていますがその表面的な一面は。株高と円安からの輸出の増加が見込まれることにあります。

しかし、経済弱者には、この政策でその恩恵を将来とも蒙ることは無いでしょう。

それは、現在も進行している物価高2%と消費税によるインフレ政策です。

すでに食品価格は、2〜3割上がっているもが続出しており、これに消費税が10%になれば、
一般生活に、大きな打撃は避けられない事態です。

このインフレ政策による金融価値の目減りは、経済弱者には将来ともそのリスクをまともに受けることになります。


この貧困層が国民全体の何割に成るかで、又デフレ時代に逆戻りすることにも成りましょう。

この危うい瀬戸際にアベノミクス政策がありますが、優良企業の、これらの目減り以上の賃金増の後押しで、政策評価の巧拙が決まりましょう。

しかしそれがあっても、零細企業や低額年金者は、その目減り対策の資金がないために、金持ち層が得られる金融政策の恩恵は取れず、経済格差は更に広まり、生活は困窮することに成るのです。


この状況下で、只一つ出来るとすれば、為替手数料の安い銀行で、外貨預金にすることでしょう。これは、円安に備えそれに、運用利益を得るためです。

低所得者層だけを考えれば、デフレ社会の方が住み易いのです。


 阿部政権は、国民を温かくすると言っていますが、低所得者は、これらの政策環境に、耐えることしかないことを覚悟すべ時が来たのです。

政治に見捨てられた貧乏高齢者より。



 











posted by 猪僧老 at 19:48| 東京 ☀| 定年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

平成26年新春を迎えてネット被害を悲しむ


皆さん明けましておめでとうございます。

今年平成26年を無事健康で迎えることができました。
誠にありがたいことです。

標準寿命を超えて高齢でいられることは、それ自身が自分に対し、
そして、家族や知人に対して心より感謝となる事です。

今年は元旦から離れている子供たちが集まり、おせちを頂けたことも
これまた有難いことでした。

とは言え、近年の詐欺事件は、我が身にも及び本当にこの社会に悲しみを感じました。

昨年のことですが、ネットで2件の詐欺に遭い、乏しい生活費を失ったこと、
そして、通常の生活の流れの中に巧妙に紛れ込む詐欺に、世相の悪さを味わされました。

警察を含め、一般でも、「被害に遭うほうが悪い」と言われますが、何故そんなことが常識と
なるのでしょうか。犯罪者が悪いのは分かっているのにもかかわらずです。

そんな社会常識が悲しくて仕方がありません。

この種の詐欺は、私のみではなく、多数の人達か被害を受けていると思われるものですが、
この手続きなどから、届け出る人はごく少数の勇気のある人と思います。

歩いている時に小さな砂利で足を取られるような生活に溶け込んだやりかたです。

ネットの利便さと顔の見えない暗闇のネット世界は、その被害も異常広がりが
あることですが、この犯罪捜査は、技術的にも、そして個人保護法的にも、
格段に困難なものとなって居ますのて、被害があってもその捜査に長期間を要します。

また、被害件数も大から小まで多大の件数と言われ、警察も重大犯罪を優先します。

ネット犯罪に対する法律も、日本はその速さに追いつけずに遅れているので
これからの被害も膨大な数になると予想できます。

高齢者の事件と言われますが、確かに目や足腰が弱った年寄りには、注意していても
事故が生じますが、この中身は、広くネット利用の一般を相手の巧妙な詐欺行為です。

とても、私の経験で一見で見分けることは困難と思われます。
ただその一つに、発信元とメールアドレスの整合性に気を付けてください。
そして、ホームページや住所、電話番号、名前、写真なども当てになりません。

これは、本当のことです。

さて、それでも ネット社会の生活は続けざるを得ませんので、被害の経験を活かしながら
今年も、高齢ネット生活を行って、この一年何か社会に貢献できるよう生きてゆきたいと
思っています。









posted by 猪僧老 at 11:10| 東京 ☀| 定年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

気象庁のバルス予報発令

記録的豪雨や大地震予測などが流れている昨今で、「気象庁のバルス予報発令」で、今まで経験したことのない「大パルス」のニュースに、さては大惨事かとその記事を開いて、・・その驚きは、全く気象に関係の無い、SNSなど情報処理のサーバーに負荷をかける情報量津波の予報でした。


又、「パルス」即ち「崩壊」の流行語も、その意味を理解しない世俗に疎い高齢層には多数いる筈で、一つ間違うと、パニックで「脳のバルス」の一大事に成りかねないのではと。

 

ただ、素直に感ずることは、公共機関の気象庁が、民間の情報量まで監視しているのか。とか、高齢者が特に気にする「気象予報」の外れが多い中、他分野の「バルス」を、超高速のコンピュータを使用して発表する、そんな余裕があることが不思議です。 


そんな私も、「天空の城ラピュタ」は見て「バルス」のことは頭にはありましたが、まさかこんなにまでの「流行語」に成っているとは知りませんでした。

 

他人事ではなく、自分の頭の「バルス」が進んでいることに気付いたことに感謝しなくては。

posted by 猪僧老 at 17:58| 定年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

民主党の代表選は、野田佳彦財務相が勝利

国民の感心を集めた民主党の新代表選は、野田佳彦財務相が勝利しました。

第一回投票では、海江田万里経済産業相(62)が143票でしたが過半数に達せず、102票を獲得して第2位の野田氏との間で決選投票が行われることとなり、前原誠司氏、鹿野道彦氏、馬渕澄夫氏の三氏の陣営の多数が、決選投票では野田氏に投票した結果の逆転勝利となりました。

これは、二者択一となった土壇場で、党内の反小沢派が一線を画する現れい言えます。

さて、この民主党内環境の中で、野田新代表は、党内の怨念を除して、国政に当たるとしています。
今迄の党内の状況と他党との捻じれで、超党派論も飛び出す中で、如何に苦労していたかを如実に表しています。
野田新内閣はこれから発表されるとして、野田新代表の発言を通じて、私は、この方は守りの姿勢が強い人であると感じています。発言の中身は、主に、大震災による日本の課題処理、そして増税など、当然、誰しもが取組む国内政策課題であり、この復興の中核に、日本の世界に対するこれからの国益の考え方や、経済堅守拡大の構想が見えずじまいです。

高齢で感じる政治に、日本の将来の国益に沿う夢が必要で、この夢が今の日本興国の力とならなければなりません。
これから、発表されるとしても、日本の総理を狙う人として、一つの物足りなさを感じています。
posted by 猪僧老 at 11:55| Comment(0) | 定年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

高齢者の寿命と心理社会的要素

世界的長寿国と言われる日本は、今後この長寿を支えることができるかが問われています。

寿命の要因には、遺伝、病気、事故、失業、殺人、離婚、貧困、ストレスなど、様々な要素が絡んでいると思われますが、高齢者と呼ばれる層は、これらの危険要素を乗り越えて生存している層とも言えます。

さて、今から50年ほど前になりますが、「種の起源」の著者、チャールズ・ダーウインと言う学者のダーウインの進化論が話題を呼び、今もこの研究の流れが続いていますが、10年程前の「寿命を決める社会のオキテ」(リチャード・ウイルキンソン著)の結論に、人は、どの様な世界で生きれば、長寿と健康が得られるか。

その答えは、他者と比べ「収入の格差の少ない、不平等感の少ない社会」即ち、平等感が多く感じられる、「仲間的」な社会であるとしています。

この結論までの研究は、金持層社会は、貧困層社会より長寿であり、高所得国は低所得国より短命である、高所得格差の多い国の経済成長より平均層の多い国ほど経済成長が高いなどなど、長年の実態調査分析の科学的検証を示して、結論付けられています。

如何でしょう、この説を引用しますと、長寿国日本は、高度医療や栄養食品の摂取などによってもたらされた要因よりも、戦後の社会的格差の少ない心理社会的要因が機能し、高度成長を成し、長寿国となったと言えるようです。

従いまして、現在、長寿国日本の現代の心理社会的要因は不平等勾配落差が拡大しており、殺人や孤独死、所得格差などが社会的問題で、これから日本の長寿は、短命へ向かうと予想されるのです。
posted by 猪僧老 at 14:00| Comment(0) | 定年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

残された甥に思い悩む

先日義兄の妻が突然逝去してしまいました。
義兄も癌で既にいない状態で、母と息子の2人での生活でした。

腰が悪く歩くことがだんだんと難しくなっていたのですが、
まさか命を落とすとは考えてもいない状態でした。

さて、49日も過ぎ、納骨となりましたが、その息子がこれも
母親の死のショックからか、鬱がひどくなり入院中で、
納骨式にも参加できない状況です。

さて、義姉の親戚の一人が中心となって、葬儀式典などの
一連の法事やその他手続きを、責任者として行って呉れましたが、
高齢域に入って、その後の家屋や財産の法的措置や甥の
これからの人生に対する対応には、責任が持てない状況です。

高齢者となり、遺された者が一人の場合に、その親族の
責任は大でありますが、当事者との意思の疎通が取れない
状態では、いかようにするかは特に難題です。

最終的には、法定相続人を立てて措置するしかないと
考えていますが、甥の鬱の回復の見通しも不明なことから、
早計な決断も出来ず、かと言って入院生活も長く続けさせる
わけにもいかず、私も関係者の一人として、心が傷む
思いが続いています。


ラベル: うつ病
posted by 猪僧老 at 17:33| Comment(0) | 定年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

呼吸が苦しい

昨晩のこと、妻が急に呼吸が苦しいと伏せてしまった。

何時も病弱なので、顔の色は白いが、電球の下で更に白く見え、何が起きたのだろうかと思い、何時でも救急の措置を考えて待ったが、暫くするとその症状が緩んだようで、少し話ができる状態となって、少しホッとした。

互いに高齢となると、必要以上にパニック状態になるので、最善の一つをすることのみを考えることにしてている。

さて、遂2日前に、私も健診を受けたが、今迄全く問題の無かった心電図に問題があると言う。
詳細はデータを見ないと分からないので、後日となるが、一番気に掛かる脈拍を測ってもると、脈拍に乱れがある事が確認できた。

自覚症状は全くないのだが、愈々高齢のせいと言われる身体の異変が始まったのか、気に掛けなくてはならない状態になったようだ。

時に、老老看護を見ているが、この老老看護を朗朗看護とする覚悟が出来ていないのが残念。
posted by 猪僧老 at 14:00| Comment(0) | 定年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする