2016年03月02日

八十路を楽しませる日本代表の活躍

掃除と朝食を済まし今日の1日が始まりました。

今日も、私のオワシスとなるスポーツが夜から始まりますが、この前に今日の日課を片付けなければと
思います。

昨晩の世界卓球の男子団体戦はウクライナと、女子はタイとの試合で、その一球一打に賭ける選手の
真剣さは、まさしく格闘技と言えるものと感じました。

男子は水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴で、女子は、福原愛、伊藤美誠、浜本由惟、の順で、3勝先行の
勝負ですが、男女共に3-0の勝利となりました。

テレビ前での応援にも力が入り、又、一喜一憂も楽しみの一つです。

今年の男子は、本名水谷は変わりませんが、昨年は福原と混合で組んだ吉村真晴がシングルの代表と
なりましたが、その戦いぶりはウクライナの強豪プルイ・シエパを3-0で破る見事なものがありました。

女子は、今大会初出場の15歳の伊藤美誠が、そして17歳の浜本由惟が、五輪経験豊かなタイ選手を
相手に、堂々と戦い、共に激闘を制して3-2、と3-1で勝利し、その強さを証明しました。

今日はサッカーのオーストラリアの初戦で負けた、「なでしこジャパン」と韓国の対戦で、これに勝たなけ
れば、リオはサヨナラとなります。加えて、卓球は、男子はポルトガル、女子はドイツとの対戦です。

今夜に限らず今週は、気合を入れる1週となるようです。

これも八十路の健康法と楽しみながら応援します。



posted by 猪僧老 at 11:18| 東京 ☀| 人生ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする